ここから本文です

プログラミングに意欲燃やす本田圭佑が「Github」に登録 関係者が本人と認める

7/23(月) 12:08配信

KAI-YOU.net

サッカーのワールドカップロシア大会でも活躍した本田圭佑選手が、ソフトウェア開発プラットフォーム「Github」のユーザーとして参加していると注目を集めています。

【ケイスケホンダ世代から見た「W杯」の熱狂】

きっかけになったのは、あるTwitterユーザーの7月18日のツイート。本田選手のTwitterのアカウント名「kskgroup2017」とGithubのユーザー名「kskgroup」の類似性を指摘しています。

本田選手といえば、ワールドカップ後に「一日9時間プログラミングを勉強している」という発言が話題を呼んでいました。

Githubのページを見ると、ユーザーとして登録したのが7月15日のため、イベントでの発言よりも前であることがわかります。

とはいえ「本田圭佑選手がGithubに!?」と信じられな筆者は、本人かどうかを確認すべく関係者を直撃。

その結果は「おそらく本人だろう」とのことでした。

本田選手にとって、仕事とは関係のない完全にプライベートな領域のようですが、本格的にプログラミングを学んでいるという彼の、サッカー以外の活動に注目が集まります。

最終更新:7/23(月) 15:55
KAI-YOU.net

Yahoo!ニュースからのお知らせ(10月17日)