ここから本文です

「新生」千葉駅ビルは衰退する市街地を救うか

7/28(土) 6:00配信

東洋経済オンライン

 6月28日、千葉市中央区にある千葉駅ビル「ペリエ千葉」がグランドオープンした。2011年10月からはじまった建て替え・改修工事がほぼ終わり、本館と駅ナカ、ストリート(高架下)、ペリチカ(地下フロア)を合わせた延べ床面積は従来の約2.5倍に広がった。

【写真】「ペリエ千葉」グランドオープンのセレモニーであいさつする小倉優子さん

 近年、千葉市街では大型商業施設の閉鎖が相次いでいた。今回のペリエ千葉グランドオープンは、再びまちが活性化する起爆剤になれるだろうか。

■7年半に及んだ改修工事

 6月28日朝、千葉駅東口の横で行われたオープニングのセレモニー。式典では、西田直人・JR東日本千葉支社長が「これまで7年間ご負担をおかけしたお客様、地域の皆様そして協力いただいた関係者の皆様にお礼を申し上げたい」、椿浩・千葉ステーションビル社長が「ペリエ千葉は2011年1月に建て替えのために閉館した。それから約7年半、本日新しいペリエ千葉がグランドオープンする。この間長きにわたって多くの皆様にご協力をいただき本日を迎えられた。感謝申し上げたい」とあいさつし、長期間の改修・建て替え工事を経てグランドオープンを迎えたことに万感の思いを示した。

 また、スペシャルゲストとしてタレントの小倉優子さんが招かれ、「私は千葉県茂原市の出身で、ペリエ千葉は子どもの頃から何度も来ている。新しくなったペリエ千葉を家族で楽しみたいと思う」とコメントをよせた。

 この日オープンしたのはペリエ千葉の1階、地下1階の部分の87店舗。2階より上は先行して開業しており、計277店舗が勢揃いする形となった。

 ペリエ千葉は、1階にはフードコート、アパレル、生活雑貨などを展開し、幅広い年齢層の人々に親しまれるまちの玄関口としての役割を狙う。約300席を設けたフードコートにはファミリーや学生が訪れやすい店舗がオープン。カウンター席には充電可能なコンセントを配置した。

 地下1階には成城石井や野菜・魚の専門店のほか、食料品店が集まる。千葉の野菜を販売する「農家の家 せんのや」やヴィレッジヴァンガードが運営する「こととや by HOME COMING(バイホームカミング)」、千葉県内の話題のスイーツ店舗が期間限定で展開する「CHIBA la mode」、カルビーの揚げたてスナックが食べられる「カルビープラス」などユニークな店舗が目白押しだ。

 また「ペリチカバル」と名付けられた飲食店エリアも新たに設けられ、営業時間も23時までと遅めに設定されたことで会社帰りにお酒を楽しめるスペースとなった。

1/4ページ