ここから本文です

【新車】ダイハツ・ミラ・トコットが発売1か月で月販目標の3倍を受注。子離れ層やシニアからも好評

7/28(土) 18:03配信

clicccar

2018年6月25日に発売されたダイハツ・ミラ・トコットは、女性や初めてクルマを購入する層をターゲットに「肩肘張らずに、自然体でいられる」がコンセプト。飾らずに、シンプルな暮らしをしている若い人に訴求する1台になっています。

【この記事に関連する別の画像を見る】



シンプルな内・外装や、衝突回避支援システム「スマートアシストⅢ」など充実装備、JC08モード燃費29.8km/Lという燃費性能などが魅力のミラ・トコット。発売1か月での累計受注台数は、月販目標台数3000台の3倍となる約9,000台となっています。

主な好評点は、手が届きやすい価格で設定された「スマートアシストⅢ」やパノラマモニターなどの安全、安心性能。さらに、車両感覚がつかみやすく、安心して運転できるパッケージも好評。トコットの大きな特徴であるシンプルなデザインも高く評価されています。



購入層は、メインターゲットの若年女性はもちろん、子離れやシニアなど幅広い年齢層から支持されているそう。こうしたシンプル(ビジネスライクではなく)な軽自動車が求められているのが分かります。

さらに想定の約9割を上回り、ほぼすべての購入者が「スマートアシストⅢ」搭載グレードを選択しているそう。

ボディカラーでは、新色の「セラミックグリーンメタリック」が一番人気で、アクセサリーの一部を工場装着(従来はディーラーで装着)する「アナザースタイルパッケージ」についても、パールホワイトで飾られた「スイートスタイル」を中心に好評を得ているとのことです。

(塚田勝弘)

最終更新:7/28(土) 18:03
clicccar

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ(10月17日)