ここから本文です

そこも“バルサ化”!? イニエスタの影響を受けるタイ人左SBが柏戦で心掛けていたのは…

2018/7/29(日) 16:20配信

SOCCER DIGEST Web

「アジアの選手には出せないパスをいっぱい出せる」

[J1リーグ18節]神戸1-0柏/7月28日/ノエスタ
 
 1-0で勝利した柏戦、初先発を飾ったアンドレス・イニエスタは4-3-3の左インサイドハーフに入った。左サイドでは左ウイングの郷家友太や左サイドバックのティーラトンらと細かいパス交換をし、機を見てスルーパスを送るだけでなく、逆サイドにも高精度のロングフィードを出した。
 
 つまり、ポゼッションの中心として、イニエスタの影響力は絶大だったわけだ。実際、試合後にはティーラトンがこのように話していた。
 
「イニエスタが入って、ポゼッション率が上がったと思います。中盤でボールが上手く回っているし、彼がいることによって何かやってくれそうな予感もする。アジアの選手には出せないパスをいっぱい出せるので、縦への攻撃、ショートパス、スルーパスなど何本もありました。僕だけではなくてチーム全体が彼を頼りにしています。大きな存在なので、チームは良い方向に向かっていると思います」
 アジアでは経験できないパスが出てくるため、ティーラトンは試合前にバルセロナで左サイドバックを努めるジョルディ・アルバのプレーをチェックしているという。柏戦では、その成果が出たのだろうか。
 
「前半はジョルディ・アルバのようにオーバーラップしてワンツーをやってみたんですけれども、あまり上手くいかなかったかもしれないです。後半はイニエスタとワンタッチでパス交換をしましたが、クロスを上げられなかったのが残念でした」
 
 イニエスタとジョルディ・アルバは約7年間、バルセロナで一緒にプレーしていたのだから、ティーラトンが真似しようとしても、そう簡単にはいかないだろう。ただ、その心掛けによるチャレンジは随所に出ており、タイ人DFがイニエスタのスルーパスに抜け出すシーンもあった。
 
 今後に向けてティーラトンは「時間が経つにつれてタイミングも合ってくると思います」と述べ、世界的な名手との連係向上に意気込む。イニエスタを獲得してバルセロナに近づけるだけでなく、既存の選手も“バルサ化”のために意識改革をしているようだ。

【神戸 1-0 柏 PHOTO】イニエスタ先発出場の神戸、増山朝陽のゴールでノエスタ大歓喜!


 
取材・文●志水麗鑑(サッカーダイジェスト編集部)

最終更新:2018/8/1(水) 15:20
SOCCER DIGEST Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

あなたにおすすめの記事