ここから本文です

野村克也が語る「大成する選手とは?」

7/31(火) 10:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

ベンチの“ヤジ将軍”はチームの貴重な戦力
野村克也が語る「大成する選手とは?」

若手のころの宮本も私と同様、他選手が遊びに行く中、バットを振り続けたという/写真=BBM

 元南海ホークス・大塚徹の訃報が届いた。私よりまだ一回り下。早過ぎる。何もできないが、弔電だけは送っておいた。

 大塚は1972年のオフ、『トレード会議』で国鉄から南海にやってきた。『トレード会議』は巨人V9真っ盛りの70年代初頭、12球団の戦力均衡を図る目的で行われた。出番のない選手にチャンスを与えるため、各球団が保有選手の20%をリストアップして提出。それを各球団がウエーバー方式で指名していくものだった。あれはまさに、“捨てる神あれば拾う神あり”のいいシステムだと私は思っていたが、どうしたわけかすぐなくなってしまった。

 大塚の出番は、主に代打。しかし彼はそれ以上にベンチでの“ヤジ将軍”として名を上げていた。まず、元気がいい。そして、センスがいい。以前、このページでも紹介したかもしれないが、秀逸だと思ったのは、相手投手を打ちあぐんで味方ベンチが暗くなっていたときの、このひと言だ・・・ 本文:1,887文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込216
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

週刊ベースボール

Yahoo!ニュースからのお知らせ