ここから本文です

ハーレーがアドベンチャーモデル Pan America 1250(パン アメリカ1250)を発表

7/31(火) 10:19配信

WEBヤングマシン

ハーレーダビッドソンの新ビジョンモデル紹介パート1

2018年7月30日、ハーレーダビッドソンが「More Roads to Harley-Davidson(ハーレーダビッドソンへのさらなる道)」という2022年までの世界戦略を発表し、新たに販売に乗り出すセグメントのモデルを公開。その中には驚きのアドベンチャーもあった!

──────────

エンジンは水冷1250ccのVツイン

今回ハーレーが発表したのは、この時期に恒例の翌年モデルのラインナップではなく、将来的な成長を実現するための世界戦略と製品展開だ。製品面での大きなニュースはいくつかあるが、中でも際立っているのはこのアドベンチャーモデル「パン アメリカ 1250」で、排気量は1250ccと発表されている。海外のインタビュー記事から、エンジンは水冷60度V型でDOHC4バルブを採用していることが明らかになっている。

ハーレーのアドベンチャーについては以前からウワサには登っていたものの、まさかこのようにプロトタイプが公開されるとは予想外。これの狙いは顧客層の拡大であるのは間違いない。ハーレーの本国アメリカでは中心顧客の高齢化などで販売不振が長期化しており、2018年モデルはダイナとソフテイルシリーズを一本化するなどして対策してきた。だが既存のラインナップを絞る水面下では新たなセグメントに進出するための開発を行っており、「More Roads to Harley-Davidson」=ハーレー購入に新たな選択肢を生み出そうとしているのだろう。他にも2019年8月に電動のLIVEWIRE(ライブワイヤー)、2020年に1250ccのカスタムモデルと975ccのストリートファイターが正式発表されることも明らかにされた。

【HARLEY-DAVIDSON PAN AMERICA 1250 プロトタイプ】ハーレーが公開したパン アメリカのプロトタイプ。映像(関連記事の動画1参照)では走行シーンも収録されており、走破性も高そうだ。トップ写真でもアピールされているが、リリースは2020年初頭と発表。また、975cc仕様は2021年にリリースされる見込みだ。

1/2ページ

最終更新:7/31(火) 10:19
WEBヤングマシン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ヤングマシン

内外出版社

2018年9月号
7月24日発売

定価880円(税込)

9月号特集は2019年モデル詳報:
CB1300シリーズ初のSPモデル
モンキー125/Z650他
スーパーカブC125別冊付録