ここから本文です

本田圭佑、豪メルボルン・ビクトリーと1年契約へ 「公式発表は間もなく」と現地報道

7/31(火) 20:24配信

Football ZONE web

年俸は290万ドル、そのうち130万ドルは豪州サッカー連盟のマーキー・ファンドが負担

 ロシア・ワールドカップ(W杯)に日本代表の一員として出場したFW本田圭佑の新天地は、オーストラリアに決まったようだ。オーストラリアテレビ局「SBS」のスポーツ番組「The World Game」は、同1部メルボルン・ビクトリーが本田を1年契約、年俸は290万ドル(約3億2400万円)で獲得すると報じた。

【写真】「なんて素晴らしい振る舞いだ!」と海外絶賛! 本田圭佑、ピッチに乱入した小さな女の子に“神対応”…ユニフォームを脱いでプレゼント

 メキシコ1部パチューカ退団後の去就が注目されていた本田だが、噂されていたメルボルン行きが間もなく決まるようだ。記事では、「公式発表は間もなくと予測されている」と伝えている。

 本田の年俸290万ドルのうち、130万ドル(約1億4500万円)はオーストラリアサッカー連盟のマーキー・ファンドが負担。その一方で、本田とともに獲得が噂されていたドイツ2部ダルムシュタットのオーストラリア代表FWジェームズ・マクラーレンの加入は実現しないかもしれないという。

 サラリーキャップ制限のあるAリーグで、その影響を受けないマーキプレーヤーの枠は本田とオーストラリア代表FWジェームズ・トロイージで埋まる。マクラーレン加入のためには年俸面での折り合いをつける必要があるようだ。

Football ZONE web編集部

最終更新:7/31(火) 21:44
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

Yahoo!ニュースからのお知らせ(10月17日)