ここから本文です

「全盲と弱視」それでも彼女が明るく笑うワケ

7/31(火) 6:00配信

東洋経済オンライン

 ブラインドライター、という仕事をご存じだろうか。テープ起こし(インタビューや講演などの音声データをテキストデータに起こすこと)を専門にしている人々で、特徴は全員が視覚障害を持っていること。

この記事の写真を見る

 視力がない、あるいは極めて弱い一方、優れた聴力を生かして、質の高いテープ起こしを行っている。誤字脱字がないか、チェックするのは四肢麻痺を抱えたサポートメンバーだ。

 障害者というとどうしても、ハンディキャップを背負った社会的弱者、という印象がついて回る。しかしブラインドライターたちは、社会に守られるだけでなく、自らの能力を生かし、主体的に未来を切り拓いてきた。その先駆けであるのが、松田昌美さん(32歳)だ。

 松田さんは右目が全盲で、左目は極度の弱視。視力は光や色が何となく見えて、目の前に出された指の数がわかる程度だという。

 だがその一方、人並み外れた聴力を持っている。倍速の音声でも聞き取ることができ、複数人が同時に話していても、誰が何を話しているかわかる。音の響きなどから、会場の大きさや形も把握できるという。その聴力は街中でも発揮され、走ってくるタクシーが空車かどうか、電車が混んでいるかそうでないか、トラックがどの運送会社のものか、などもわかる。

 仕事の傍ら、松田さんは人生も思い切り楽しんでいる。オシャレが大好きで、取材時の洋服はお気に入りのワンピース。髪の色も鮮やかな赤で、メイクもバッチリ決めている。インタビューでは自身の恋愛について語り、ダメ男に引っかかった話も飛び出すなど、まさに普通の女子と変わらない日々を謳歌している。障害を抱えつつ、彼女はなぜこれほどに前向きなのだろう。

■太陽が次第に沈むように、見えなくなった

 静岡県で生まれた松田さん。出生時、体重は1300グラムしかなく、仮死状態だった。命はとりとめたものの、未熟児網膜症と網膜剥離を発症。その影響で、4歳のときに右目を失明した。

1/5ページ