ここから本文です

「ナイキ」の“LDNR”キャンペーンはアクティブウエアブランド「LNDR」の商標権を侵害 使用差し止めへ

8/1(水) 23:00配信

WWD JAPAN.com

モデルのジジ・ハディッド(Gigi Hadid)やソフィア・リッチー(Sofia Richie)らを顧客に持つロンドン発のラグジュアリー・アクティブウエアブランド「LNDR」が、「ナイキ(NIKE)」を相手取った商標権訴訟に勝訴した。「ナイキ」からはコメントを得られなかった。「ナイキ」が判決を不服として控訴するかどうかも不明だ。

「ナイキ」の“LDNR”キャンペーンはアクティブウエアブランド「LNDR」の商標権を侵害 使用差し止めへ

「ナイキ」は、1月から展開していた広告キャンペーン“Nothing Beats a Londoner”の“Londoner(「ロンドンっ子」の意)”を短縮した“LDNR”という文字列をロゴとして使用していたが、これがアクティブウエアブランド「LNDR」の商標権を侵害すると英国の知的財産企業裁判所が判断した。「ナイキ」は“LDNR”という文字列を今後使用することができない。

ジョアンナ・ターナー(Joanna Turner)LNDR共同創業者は、「『ナイキ』のキャンペーンは素早く拡散されていった。“LDNR”は『ナイキ』の商標である、もしくは2社の間でコラボレーションが展開されていると消費者が誤解してしまうと考えた」とコメント。また、巨大ブランドの「ナイキ」を相手に訴訟を起こすことは簡単な決断ではなかったこと、「LNDR」は「ナイキ」の商品だと消費者が誤解することで同社は深刻な損害を被るため、訴訟に踏み切ったことを付け加えた。

裁判の過程で、「ナイキ」はキャンペーンの6カ月前から商標権に関する調査を行っていたこと、「LNDR」の商標について認識していたこと、認識していてもなお同キャンペーンを実行したことが明らかになった。

最終更新:8/1(水) 23:00
WWD JAPAN.com

記事提供社からのご案内(外部サイト)

WWD ジャパン

INFASパブリケーションズ

2054号
発売日2018年11月5日

定価500円(税込み)

なぜ今年“韓流”が流行ったのか、韓国アパレルの最新ビジネスモデルを大解剖

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ