ここから本文です

コーラ、コーヒー、ノンアルまで!続々登場する「透明飲料」は定着するか?

8/4(土) 19:30配信

@DIME

最近、各飲料メーカーから発売され話題になっている透明だけど味がある「透明飲料」。

紅茶からコーヒー・ラテ、コーラ、ノンアル、発泡酒まで、次々と新しいフレーバーの「透明飲料」が発売されている。

そんな「透明飲料」ついて、実際みんなはどんな印象を持っているのだろうか?

飲用経験や購入理由、今後の購入意向などを調べるため、マクロミルが全国20~69歳の男女1000名を対象に調査を実施した。


【1】 透明飲料の認知率は8割超え。 そのうち6割が「飲んだ」と回答

まずは、 認知状況を尋ねてみた。 透明飲料を「知っている」と回答した人は82%と、 非常に高い認知率だった。また、 実際に「買って飲んだ」が50%、 「買っていないが飲んだことはある」が11%で、 認知者の飲用経験率は61%となった。


【2 】 透明飲料の購入理由、 「一度試してみたかったから」が54%でダントツ

透明飲料の購入経験者424名に、 色のついた飲料ではなく、 透明飲料を買った理由を尋ねてみた。最も多かった理由は、 「一度試してみたかったから」が54%で、 購入経験者の半数強が回答しておりダントツ。

2番目は「珍しい商品だったから」37%、 3番目は「新商品だったから」26%と続き、 ”なぜ透明なの?”といった興味から購入したという人も多そうだ。

続いて、 「美味しそうだったから」24%、 「話題になっていたから」23%で、 上位には、 物珍しさや話題性に関する理由が目立った。

一方、 「カロリーが低い(低そう)だったから」、 「色つきの飲料より、 健康に良さそうだから」、 「歯に着色しなさそうだからから」、 「職場や学校でも気にせず飲めるから」といった“機能性”に関する理由をあげた人は、 まさかの1割以下と少数だった。


【3】 飲用経験率1位の透明飲料は、 コーラ、 メロンクリームソーダなどの「炭酸飲料系」!

透明飲料の飲用経験者には、 どのような種類の透明飲料が人気なのだろうか。

飲用経験者503名に、 飲んだことがある透明飲料(※1)を尋ねたところ、 上位3位は、 「炭酸飲料系」60%、 「紅茶系」48%、 3位「コーヒー・ラテ」25%だった。

また、 最近(2018年6月25日)発売された透明の「発泡酒」は、 発売から数日で5%がすでに飲んだと回答している(当調査期間は、 2018年6月28日~29日)。

今後(も)飲みたい透明飲料の上位3位は、 「炭酸飲料系」41%、 2位「紅茶系」30%、 3位「乳酸飲料」19%だった。 一方で、 飲用経験者の中にはリピート購入には至らなそうな人もいて、 37%が「特になし」と回答している。

※1:実際のアンケートにおける選択肢は以下の通り
炭酸飲料系(コーラ、 メロンクリームソーダ、 サイダーなど)、 紅茶系(レモンティー、 ミルクティ、 フレーバー紅茶など)、 コーヒー(ラテなど含む)、 乳酸飲料、 発泡酒、 ノンアルコールビール、 その他、 特になし


【4】 透明飲料を購入しない人はなぜ購入しない?「透明より通常の飲料のほうが良い」が4割で最多。

透明飲料を知っているのに買ったことがないと回答した400名に、 なぜ購入に至っていないのか尋ねてみた。

最も多い理由は、 「透明より、 通常の飲料のほうが良い」38%で、 “透明飲料”という新しい商品に対してあまり興味を示していない人もいるようだ。

また、 「透明になる仕組みが分からず不安」が27%、 「体に悪そうだから」が17%と、 本来は色がついているはずの飲み物が“透明”である、 という特徴に不安を抱く人も。


【5】 新発売の透明な“発泡酒”、 「飲んでみたい」19%、 「どちらとも言えない」26%、 「飲みたくない」26%

最近発売された、 透明の“発泡酒”にフォーカスしてみよう。

飲用意向はどの程度なのか、 透明飲料を知らなかった人も含む1000名全体に尋ねたところ、 「飲んでみたい」と回答した人は19%だった。

また、 「どちらとも言えない」は26%、 「飲みたくない」という人も26%にのぼった。

各メーカーから発売され話題になってはいるものの、そもそも透明にする意味があまりよくわからないという人が多いようだ。まあ、ドリンクを選ぶ際の選択肢が増えることは便利だとは思うが、そこまで「透明飲料」に執着する必要があるのかないのか…。

■調査概要
調査主体:マクロミル
調査方法:インターネットリサーチ
調査対象:全国20~69歳の男女(マクロミルモニタ会員)
割付方法:平成27年国勢調査による、 性別×年代の人口動態割付/合計1,000サンプル
調査期間:2018年6月28日(木)~2018年6月29日(金)

構成/編集部

@DIME編集部

最終更新:8/4(土) 19:30
@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2019年1月号
11月16日発売

定価890円

2018ベストヒットランキング100
男を格上げする最旬アウターカタログ
特別付録ゴルゴ13オリジナル万年筆
綴じ込み付録 ピカ・ブイ 攻略ガイド

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ