ここから本文です

けやき坂46、舞台『マギアレコード』に挑戦する意義とは? グループの位置付けから考察

2018/8/4(土) 15:12配信

リアルサウンド

 配信一周年を迎えたスマートフォンアプリゲーム『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』が、アイドルグループ・けやき坂46(通称:ひらがなけやき)主演で舞台化が決定し、2018年8月24日から9月9日までTBS赤坂ACTシアターで上演される。

 『マギアレコード』(以下マギレコ)は、2011年に放送されたアニメ『魔法少女まどか☆マギカ』(以下まどマギ)の世界観を舞台に、新たな魔法少女たちの物語を描いたスマホゲーム。カルト的な人気を誇る『マギレコ』は、ファンの間でアニメ化が待望されていただけに、先にアイドルが演じる舞台化になったことで論争が巻き起こり、いっそう注目されることになった。

 『まどマギ』が一大ブームを巻き起こした理由は、今までの魔法少女ものの概念を破壊し、予想がつかないダークな展開を持ち込んだことが挙げられる。マスコットのような地球外生命体のキュゥべえに、願いを叶えた代償として「魔法少女」となる契約を交わし、魔女と戦う使命を課せられる少女たち。傍観者として関わっていく主人公の中学生・鹿目まどかを中心に過酷な運命が描かれる。言うなればこれは悪魔の契約の物語で、魔法少女たちは何らかの形でメンタルを壊し、いずれ魔女となり仲間同士で命を奪い合う。その最中にもキュゥべえは、魔法少女として優れた資質を持つまどかを勧誘し、転校生の暁美ほむらがその契約を阻止していく。契約を交わす理由、まどかとほむらの関係など、驚愕の事実が次々と判明し、そして続編となる劇場版では絶望的な展開を迎える。かわいい絵とは裏腹に、なぜ人は悪魔になっていくのかが見事に描かれた傑作といえよう。

 以降『まどマギ』シリーズからは様々な外伝が生まれた。その一つが『マギレコ』である。原作アニメのプロデューサーである岩上敦宏は、「アニメの新作までまだもう少し時間がかかりそうなため、『まどか☆マギカ』のキャラクターが活躍するタイトルを作りたいというアイデアがきっかけ」とその誕生の経緯を語り、2017年8月22日にアニプレックスよりスマホゲームとして配信が開始される。『マギレコ』は、『まどマギ』の見滝原市とは別の町である神浜市を舞台に、妹の病気を治すために魔法少女になる決断をした新キャラクター・環いろはを主人公に、魔法少女たちと共にいろはの妹“うい“を探し、奇妙な力によって魔法少女たちが集まるこの町の謎を解明していく。『まどマギ』のほむらたちもこの町に辿り着き、2つの町の魔法少女が交差していくストーリーもあり、『まどマギ』ファンにとって大事な新シリーズとなっている。

 さて、そんな『マギレコ』をけやき坂46が舞台化する意義とは何なのか。

 欅坂46には、デビューからセンターを務める平手友梨奈がいる「欅坂46(通称漢字欅)」と、その妹分である「けやき坂46(通称ひらがなけやき)」の2つのグループが存在する。妹分とは言え、漢字欅よりも先に単独で日本武道館3日間公演を行い、単独でのアルバムを発売、そしてドラマや舞台で演技も経験している彼女たちは、漢字欅にも劣らないポテンシャルの高さがある。もともと坂道系の元祖であり、欅坂が目標とする乃木坂46は、AKBグループとの差別化として専用劇場を持たず、舞台公演に力を注ぐことで道を切り拓いていったグループである。クール系の独自路線を追求する漢字欅とは対照的に、アイドルらしい「ハッピーオーラ」をモットーにしているひらがなけやきには、坂道系の正統な継承者になる素質がある。

 乃木坂が築いた舞台演劇路線に近づけるかのごとく、今年の4月から5月にかけてひらがなけやきは、初舞台公演『あゆみ』を行った。10人の出演者が入れ替わりながら1人の女性の人生を紡いでいくという実験的な舞台だったが、時の流れと人生の尊さを実感させる感動的な作品に仕上げ、乃木坂が築いた舞台演劇路線をも継承できる実力を証明した。

 今回『マギレコ』の舞台は、その成功があっての挑戦だろう。また、『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語』のBlu-ray&DVD発売CMでは、実写版として乃木坂のメンバーが『まどマギ』の世界を演じ、80秒の短編PVまで作られ、すでに坂道系と『まどマギ』には関係性が見て取れた。おそらく、『まどマギ』はお姉さんである乃木坂にまかせて、この一年で共に大きく知名度を高めた『マギコレ』とひらがなけやきがタッグを組むことになったのではないだろうか。しかも、ひらがな全員ではなく、10人のメンバーが選抜されているところに本気度が伺える。

 ひらがなけやきにとって、今まで経験したことのない状況の中での舞台となるが、エモーショナルにアイドル道を歩むひらがなけやきにとって、それもまた新たな物語となるだろう。

本 手

最終更新:2018/8/4(土) 15:12
リアルサウンド

記事提供社からのご案内(外部サイト)

リアルサウンド

株式会社blueprint

音楽と映画を対象とする総合カルチャーサイトです。各ジャンルのニュースから、第一線のライターによる作品レビュー、業界分析記事まで、多彩な記事をお届けします。

あなたにおすすめの記事