ここから本文です

W杯出場の元韓国代表MF、Jリーグ電撃移籍も 韓国メディア「興味示したチームがある」

8/4(土) 8:50配信

Football ZONE web

昨季クリスタル・パレスでプレーしたMFイ・チョンヨン、日本も含めて新天地探し

 昨季限りでプレミアリーグ1部クリスタル・パレスとの契約が満了になった元韓国代表MFイ・チョンヨンが、日本を含めて新天地を探しているようだ。「日本やオーストラリアでも興味を持ったチームがある」と韓国メディア「SPOTV NEWS」が伝えた。

【写真】英紙が「尋常でない怪しさ」と酷評! 名古屋が発表したJリーグ開幕時の復刻版ユニフォーム

 現在30歳のイ・チョンヨンは2008年に韓国代表デビューを飾り、2010年と2014年のワールドカップ(W杯)に連続出場。今年のロシアW杯は直前で落選の憂き目を見たが、2009年からイングランドを舞台に戦い続けるなど確かな実力を備える。2009-10シーズンにFCソウルからボルトン・ワンダラーズに移籍し、6シーズン在籍。2014-15シーズンから3年半にわたってクリスタル・パレスでプレーした。

「プレミアリーグの移籍市場締め切りが一週間後に迫ったなか、クリスタル・パレスと決別したイ・チョンヨンは英国外のチームと接触している」と伝えたのは韓国メディア「SPOTV NEWS」だ。プレミアリーグは現地時間9日に市場の締め切りを迎えるが、今のところオファーが届いておらず、「9年ぶりにイングランドの生活を終えると思われる」と記している。

 母国Kリーグの復帰も一時は浮上したが、「7月31日にKリーグ移籍市場のドアが閉じて、イ・チョンヨンの国内復帰は不可能になった」と指摘。ベルギーやトルコなどを中心に可能性を探っている段階だが、「日本やオーストラリア、西アジア地域でもイ・チョンヨンに興味を示したチームがある」と伝えている。

「全ての可能性を開いて、最適のチームを探している」というイ・チョンヨン。Jリーグの追加登録期限は9月14日までとなっているが、果たしてW杯2大会出場の元韓国代表MFがJリーグクラブに電撃移籍するのだろうか。

Football ZONE web編集部

最終更新:8/4(土) 9:59
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

Yahoo!ニュース特設ページ