ここから本文です

カリフォルニアに降った「熱い雨」、世界最高記録を更新

8/6(月) 20:30配信

ニューズウィーク日本版

カリフォルニア州南部のインペリアル郡で、普通雨など降らない48度の気温のなかで降雨を記録。これはいったい何を意味するのか

カリフォルニア州のインペリアル郡で7月24日、世界の観測史上最も「熱い雨」が観測された。

週末、ヨーロッパにまた熱波。最高気温は48度を突破も

この時の気温は48.3度。気象の専門家ジェフ・マスターズによると、これは降雨時としては観測史上最高気温、つまり「hottest rain」だという。地球温暖化と一連の異常気象がもたらした珍現象の一つである。

あまりに暑いなかで雨が降ったため、ある住民は胸が苦しくなったと証言する。「呼吸をするのも苦しいほどだった」

マスターズは、「ウェザー・アンダーグラウンド」というブログの共同創設者。天気予報専門のケーブルテレビチャンネル、ウェザーチャンネルが運営するウェブサイト「ウェザー・コム」の、いわばマニア向け裏バージョンとでも言うべき存在だ。かつてアメリカ海洋大気局(NOAA)のハリケーンハンターとも行動を共にしたマスターズは、ネットの気象情報専門家として人気だ。

とにかくこの夏のカリフォルニアは異常に暑い。マスターズの解説を振り返ってみよう。

「2018年7月24日は、カリフォルニア州で史上最高レベルの酷暑を記録した。砂漠地帯の州南西部としても異例な、強烈な熱波がこの地域を襲い、気温は最高記録に迫った」と、マスターズは解説している。

「カリフォルニア州中部の砂漠地帯、デスバレーの気温は52.7度に達した。これは、世界の観測記録のなかの最高気温にほんの1.11度だけ足りない暑さだ。リバーサイド郡パームスプリングスも過去最高に近い50度を記録した。また、インペリアル郡の町インペリアルでは49.4度と、1995年7月28日の51.1度に次ぐ高温を記録した」

■降るそばから蒸発する雨

この強烈な熱波により、降雨時の世界最高気温記録が更新されることになったのだと、マスターズは言う。インペリアル郡ではこの日の午後に入って雲が発生し、太平洋夏時間午後3時53分から降水が記録されたという。この雨雲がなければ、当地の気温はさらに上昇していた可能性がある。

「雨が降り始めた時点で、気温は48.3度という驚くべき高温に達していた。これは、降雨時の気温としては、世界の観測史上最高記録を更新する数字だ」と、マスターズは言う。

「気温が高く、湿度は11~15%しかなかったため、降った雨の大半は蒸発してしまい、雨量計にも降水の痕跡が残るだけだった。それでも雨が降ったのは確かで、降雨時の気温としては史上最高を記録したことは間違いない」

マスターズによると、37.7度以上の気温で雨が降ることはまれだという。それ以上の高温には「高気圧がつきもので、下降気流によって雲の発生や降雨が妨げられる」ケースが多いからだ。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

CCCメディアハウス

2018-10・23号
10/16発売

460円(税込)

【特集】日本人がまだ知らないウイグル弾圧
中国共産党によって続くウイグル人の苛酷な強制収容── 世界はこの人権侵害からいつまで目を背けるのか