ここから本文です

松本潤・二宮和也の結婚、事務所が本気で検討する「ゴールイン」の発表順序

8/6(月) 21:00配信

週刊女性PRIME

「球場に入れないにもかかわらず、周囲にはファンの人たちが大勢来ていましたね。もしかしたら、1000人以上いたかもしれません」(甲子園の近隣住民)

【写真】井上真央を直撃しているときの様子、伊藤綾子が「同棲マンション」から出てくる様子など

 8月3日に生放送された『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)で甲子園のグラウンドから歌声を届けた嵐。『第100回全国高等学校野球選手権記念大会』の応援ソング『夏疾風』を歌う彼らのパフォーマンスを見ることができないのに大勢のファンが球場周辺に押しかけた。

「人気が低下してきたとは言われていますが、いまだに彼らが日本のトップアイドルであることは間違いないでしょう。

 今年11月からデビュー20周年を記念した5大ドームツアーがスタートします。まだ発表していない追加公演もあるようで、グループ史上最大のツアーになるようです。そこからの1年間は記念イヤーとして忙しくなるでしょうね」(スポーツ紙記者)

 発表されているだけでも動員数86万人を超える大規模なもの。ここまで観客を呼べるグループは、国内では嵐以外には考えられないだろう。

「TOKIOの山口達也やNEWSの小山慶一郎など、不祥事が続くジャニーズで、文字どおり事務所を支えているのが嵐です。SMAPが解散して以降、その役割はさらに大きくなりました。それだけに、彼らの人気が急落するようなことがあれば、事務所の存亡に関わるといっていいでしょうね」(芸能レポーター)

 アイドルにとって、不祥事やスキャンダルは致命傷ともいえる。だが、場合によってはそれ以上に人気の急降下を招くのが結婚だという。それだけに、ジャニーズタレントのウエディング事情は、想像以上に厳しい。

「事務所としては、絶対に結婚に反対しているわけではないようですよ。ただ、グッズやCDの売り上げ、ドラマやCM起用方法の変化など、結婚後の予想データを示されるそうです。それで躊躇してしまう人は多いようですね。

 最近、V6の岡田准一が宮崎あおい、森田剛が宮沢りえと立て続けに結婚しました。とはいえ、人気絶頂である嵐のメンバーが結婚するとは今まで考えられないことでしたが……」(広告代理店関係者)

 そんな状況の彼らだが、何でもここにきて雲行きが変わってきたという。

1/3ページ

最終更新:8/6(月) 21:00
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」10/30号

特別定価410円(税込)

Yahoo!ニュースからのお知らせ(10月17日)