ここから本文です

瀬古利彦が女子アナにセクハラで厳重注意

8/7(火) 16:00配信

文春オンライン

 日本陸上競技連盟の理事で、2020年東京五輪に向けた陸連マラソン強化戦略プロジェクトリーダーを務めている瀬古利彦氏(62)が、女子アナにセクハラをし、厳重注意を受けていたことが「週刊文春」の取材で分かった。

【写真】「走る修行僧」と呼ばれたロス五輪時代の瀬古

 関係者によれば、今年4月、瀬古氏はハーフマラソンの解説を担当後、関係者との飲み会に参加。そこにいた女性アナウンサーに対し、セクハラ発言をした。女性アナウンサーがテレビ局に訴え、関係者が異動になるなどしたという。

 瀬古氏に聞くと、「セクハラ?! 覚えてないよ、そういうこと」。

 瀬古氏が現在総監督を務める横浜DeNAランニングクラブに事実関係を詳しく質問すると、「発言があったことは事実です。瀬古本人には厳重に注意しました」と認めた。

 瀬古氏のセクハラの内容や、直撃の様子などの詳細は、8月8日(水)に発売される「週刊文春」で報じられる。

「週刊文春」編集部/週刊文春 2018年8月16・23日号

最終更新:9/13(木) 14:54
文春オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)