ここから本文です

どっちが正しい? クイズで覚える間違えやすい日本語表現

8/8(水) 19:10配信

エイ出版社

日常何げなく使っている言葉でも、間違って使っていることは結構あるもの。さて、では問題です。次の2つのうち、どちらが正しい使い方でしょうか? クイズ感覚でトライしてみましょう!

鳥肌が立つ

(1) あまりの不気味さに鳥肌が立った。
(2) 鳥肌の立つような名演奏だった。

『鳥肌が立つ』はもともとネガティブな文脈で使うものです。
(1)→〇
寒さや恐怖・不快感などのネガティブな感情で、腕の毛穴が収縮して、羽をむしった鳥の肌のようになる現象のこと。関西では『さぶいぼ』とも言います。
(2)→×
本来、不気味で恐ろしいと感じたときに使う言葉。気楽な仲間どうしの場なら問題にはならないでしょうが、聞き手が多いときには陰で笑われるかもしれません。

花も恥じらう

(1) 今回の朝ドラのヒロインは、花も恥じらうほどの美少女だ。
(2) 花も恥じらうほど内気な彼女が営業配属だなんて、信じられないね。

乙女の可憐さを表す言葉。花さえ、乙女には勝てないのです。
(1)→〇
乙女の、みずみずしさ。美しく咲き誇る花でさえ、ひとたび乙女の前に出れば、自分よりも美しい乙女を見て恥を覚える、というのです。
(2)→×
この例文だと、『内気な彼女が、花を見てさえ恥ずかしがる』のようで誤り。上で述べたように花が乙女を見るのです。

煮え湯を飲まされる

(1) 先週、巨人は阪神に3連敗。煮え湯を飲まされ通しであった。
(2) 重宝していた部下がライバル会社に引き抜かれ、すっかり煮え湯を飲まされた。

飲み頃とすすめられたのが、熱湯だったのです。
(1)→×
飲み物を出す身近な人に騙された、裏切りが問題なのです。巨人と阪神はかねてからの宿敵ですので、この言葉には該当しません。
(2)→〇
これまで信頼してきた者に裏切られること。『飼い犬に手を噛まれる』と同じ意味です。

やらせて? やらさせて?

(1) そちらは私が喜んでやらせていただきます。
(2) そちらは私が喜んでやらさせていただきます。

国文法の助動詞に関する間違いです。
(1)→〇
使役の助動詞『せる・させる』は五段活用動詞の場合『せる』を使い、助詞の『て』につくので、『~せて』となります。また、『ない』の直前がイ段やエ段になる動詞は『~させて』とつなげます。『見させていただきます』。
(2)→×
悪名高き『ら抜き言葉』と並んで、会話の中で聞かれるのが『さ入れ言葉』。『ない』を付けたとき、直前がア段になる五段活用の場合『さ』は入れません。

1/2ページ

最終更新:8/8(水) 19:10
エイ出版社

あなたにおすすめの記事