ここから本文です

記録的猛暑の欧州 犬は靴をはき、原発は止まる…

8/8(水) 20:43配信

ニューズウィーク日本版

──さまざまな異変がおきている

世界的な猛暑が続いている今年の夏。ヨーロッパでは4日、ポルトガル中部で46.4度、スペイン南部で45.1度を記録した。ヨーロッパの過去最高気温である1977年のギリシャでの48度には及ばなかったものの、各地で熱中症死者や山林火災などが続出。まだまだ警戒が必要だ。

各地の動画はこちら

熱波と干ばつで深刻な作物不足となり、農家や経済への影響も心配されている。そんななか、ヨーロッパ各地でふだん見られないようなめずらしい現象や活動もおこり、人々を驚かせている。

■ 動物園のご飯はアイス、犬は靴を着用

まず、3日の記事にもあったとおり、スウェーデンでは北部のケブネカイセ山で、国内最高峰とされる南側の山頂部を覆っていた氷河が溶けて標高が約4メートルもダウン、もはや最高峰ではなくなってしまった。地球温暖化の象徴のような出来事だ。

ドイツ北東部のエルベ川では、干上がった川底から第二次世界大戦の弾薬がみつかり、警察が警戒を呼びかけている。ヨーロッパ北部のバルト海では水温の上昇により毒性のある海藻が大繁殖。沿岸のスウェーデン、ポーランド、リトアニアなどの人々は、いくら暑くても海水浴に行けない状況だ。

暑さに苦しんでいるのは人間だけではない。BBCによると、フランス南西部の動物園では、肉食獣に血のシャーベットや凍らせたミートボールを、草食獣には凍らせた果物ミックスなどを与えている。ロンドン動物園で人気者のゴリラは、くるみやひよこ豆、砂糖なしの果物のアイスがお気に入りのようだ。

水温が27度以上になると、ほとんどの水中生物は生存できない。スイスでは、先週水温が25度に達したドイツ・オーストリア国境のコンスタンツ湖(ボーデン湖)で業者が魚を冷たい水に集める努力をしている。またスイスの警察犬は、「オペレーション・ホット・ドッグ」というプロジェクトで、加熱した道路のとろけるようなアスファルトから足を保護するために靴を履かせてもらったようだ。スイス警察は一般家庭の犬にも靴を着用させることを奨励している。警官もTシャツとショートパンツの軽装になった。

さらに、オランダの高速道路は、高温で熱せられたアスファルトが溶けたことで、一部が閉鎖となり、フランスの原子炉は、冷却水として取水し、使用後に川に放出することで、川の水温がさらに上昇することを防ぐために、原子炉4基が停止した。

■ ドイツ警察はツイッターで水撒きチャレンジ

一方、ドイツの警察は公共の街路樹の水やりに勤しんでいる。ベルリンやハンブルクなど北方の都市ではじまり、そのうちベルリン警察がツイッターでドイツ全国やお隣オーストリアの警察に「水撒きチャレンジ」を提案。フランクフルトの警察はこれに応じて証拠写真をツイートしたが、ミュンヘンやウィーンなど、最近雨に恵まれた地域はこれをスルーした。

ドイツで頑張っているのは警察だけではない。中部のシェンクレングスフェルトという村では、ドイツ一古いとされる、樹齢1200年の菩提樹の一種を干ばつから守ろうと村人が決起。毎週木曜日に幼児から大人まで、バケツ、たらい、ホースなど、各人ができる範囲で水を持ち寄り、村のシンボルである木に与えている。

大切なのは村人の団結、とその発起人は言う。木が潤った後は、集まった人間が潤う番。木陰に集まり、音楽を聞きながらビールを飲み、一体感を楽しんでいるようだ。

モーゲンスタン陽子

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

CCCメディアハウス

2018-8・14号
8/ 7発売

460円(税込)

【特集】奇才モーリー・ロバートソンの国際情勢入門
日本とアメリカ、世界の知られざる針路は──
異能のジャーナリストがホンネの国際情勢解説