ここから本文です

発売前から決意! 私が新型スズキ・ジムニーを買ったワケ

2018/8/10(金) 10:40配信

WEB CARTOP

4種類すべてに試乗してジムニーXC 5速MTを選択!

 新型ジムニー(JW64)をWEBで見て、四角いデザインにひと目惚れ。潔い商品企画に「探していたクルマはこれだ!」と直感し、初代ユーノスロードスター(NA6CE)以来、じつに30年振りに新車を衝動買いをしてしまった。

【写真】あまりにも燃費が悪すぎた国産車はコレだ!

 今回は事前試乗で5速MTと4速AT、ジムニーとジムニーシエラで4種類すべて乗り比べ、なぜジムニーXC 5速MTを選択したのかという理由と、毎日乗って、使って驚いた「ジムニー驚愕の使い勝手の良さ」をリポートする。

●ロードスターとも共通する走りの楽しさ

 新型ジムニーと初代ロードスター(NA)には共通するものを感じる。「機能に徹したシンプルなスタイリング」「安価でライトウエイト」「工業製品として納得のいく潔い商品企画」といった点で非常に酷似しているのだ。時代の要求に応える安全環境性能を持ち合わせながらも、「機械を動かしている実感」が得られることや「音と振動」が適度にあって心地良いのも共通だ。

 当時ロードスターを所有して初めてライトウエイトFR、オープンの走りを経験したときのように、ジムニーの高い悪路走破性によって行動範囲が広がり、まったく新しい世界を体験できるのではないか? と今から楽しみだ。

●大人の男が乗っても格好良い軽自動車

 じつは購入条件として「大人の男が乗っても格好良いコンパクトカー」を探していた。とくにボディが四角く、見晴らしが良ければストレスなく街中の狭い道を走れるし、フロントウインドウが直立したモデルなら真夏の紫外線の強い日にも涼しく快適だ。

 また都内の道は狭く、路上駐車も多いため軽自動車に注目していた。街では軽自動車のナロー&コンパクトなボディの利便性が高い。軽自動車は衝突安全性や快適性に不安があったが近年は大幅に進化し、今回のジムニーでは存在感のある、格好良いスタイリングまでをも実現して私たちの前に現れたのだ! これを買わない手はない。

●XCグレードを選択した理由

 LEDオートライトとヘッドランプウォッシャーは欲しかった装備。後付け困難のため、上級グレードのXC 5速MTを選択した。オートクルーズは電制スロットルとの連携でスムースに車速を維持し、高速巡行でも右足が疲れないなど非力な軽自動車だからこそメリットが大きい装備だ。ボディカラーはジムニー専用色のキネティックイエローとジャングルグリーンで最後まで悩んだが、もう一台所有しているロードスターがイエローなので、あえて落ち着いたグリーンを選択し、予約を入れた。

1/3ページ

最終更新:2018/8/10(金) 10:40
WEB CARTOP

記事提供社からのご案内(外部サイト)

クルマの「知りたい」を完全網羅
新車試乗・最新技術・お役立ち情報 etc……
すべてがわかる自動車メディアの決定版

あなたにおすすめの記事