ここから本文です

ボクシング連盟・山根会長も!なぜドンはゴッドファーザーが好きなのか?

8/10(金) 6:31配信

@DIME

ボクシング連盟・山根会長も!なぜドンはゴッドファーザーが好きなのか?

プロ野球選手のカードがおまけで付いてくる「プロ野球チップス」と同じ要領で、全国の社長のカードがおまけで封入されたポテトチップスが存在するのをご存じだろうか?

8/11は早起きしてテレビの前に集合!シンカリオン×エヴァンゲリオンの敵キャラは「キングシトル」

その名もすばり「社長チップス」。

企業PRツールとしての側面が強いためか、あまり積極的に販売されていないみたいだが、そんなユニークな商品を手掛ける会社・ESSPRIDEでは、先日、社長の知られざる実態を調査すべく、全国100人の社長を対象に「娯楽」に関するリサーチを行ったようだ。

その結果が届き、興味深い「社長の嗜み」の数々が暴かれているので、早速紹介していきたい。

社長のやる気は「桑田サウンド」に支えられていた!

「あなたの前向きな気持ちにしてくれるアーティスト・曲をお答えください」という設問において、もっとも多くの票を獲得したアーティストは「サザンオールスターズ」。

曲は彼らの代表曲『TSUNAMI』『希望の轍』『勝手にシンドバット』が挙げられた。

2位は「ザ・ビートルズ」、3位は「桑田佳祐」「ZARD」「Queen」が同率に。社長とカラオケへ行く機会があれば、サザン及び桑田佳祐の楽曲を入れておけば間違いないだろう。

社長は、映画『ゴッドファーザー』のマーロン・ブランドに自分を重ねている?

社長の好きな映画1位は「ゴッドファーザー」。最近では、日本ボクシング連盟の山根明会長の携帯の呼び出し音が「ゴッドファーザー」だったことで話題になっているが。

さて、ゴッドファーザーことマーロン・ブランド演じるビド・コルレオーネはマフィアのドンだが、ビジネスでは時に強固で威圧的でありながら、家族と友人、ファミリーを何よりも大切にする強く温かな心を持った人物として描かれているため、社長である自分とドンを重ねる人が多いのだろう。

2位にはヒーローが結集して戦う『アベンジャーズ』、幼い頃にワクワクして観たであろう『バック・トゥ・ザ・フューチャー』、青春の思い出『私をスキーに連れてって』が同率でランクイン。

「あなたの好きなビジネスドラマをお答えください」という設問において、1位『半沢直樹』、2位『下町ロケット』、3位『陸王』と、TBS日曜劇場枠で放送された、池井戸潤原作のドラマがTOP3を独占する結果となった。その他には『釣りバカ日誌』や『島耕作』、海外ドラマの『SUITS』などが挙げられていた。

社長たるもの、朝はニュース7、夜は報ステ!

「あなたがよく観る報道・情報番組をお答えください」という設問において、【平日朝(5時~8時)】は「ニュース7(NHK)」が1位だった。

同率2位は「おはよう日本(NHK)」と「ZIP!(日本テレビ系)」で、朝はNHKのニュースを観る人が多いようだ。一方【平日夜(21時~23時)】は「報道ステーション(テレビ朝日系)」が1位。次いで2位が「NEWS ZERO(日本テレビ系)」「ワールドビジネスサテライト(テレビ東京系)」という結果に。

意外と社長はビジネス雑誌を読まない?

よく読むビジネス雑誌1位は「日経ビジネス」、同率2位は「プレジデント」&「週刊ダイヤモンド」&「週刊東洋経済」。3位は「経済界」という結果になった。一方、「ビジネス雑誌は読まない」という人が半数近くの47.0%を占めるという意外な結果も明らかに。

経営者の本や歴史小説が、社長の愛読書!
好きな本や仕事をする上で影響を受けた本は、有名な社長の著書やビジネス実用本、思想に関する本が多く回答されていた。また、『三国志』や歴史小説が好きな社長も多いようだ。偉大な人物や先達から学んだことが自らの考え方や行動に影響しているという人が多いのかもしれない。

Q. あなたの好きな本や、仕事をする上で影響を受けた本をお答えください。(自由回答 n=100)
・稲盛 和夫 『生き方』『働き方』
・松下 幸之助 『道をひらく』
・藤田 田 『ユダヤの商法』
・小山 昇 『1日36万円のかばん持ち』
・ロバート・キヨサキ 『金持ち父さん貧乏父さん』
・池本 克之 『上場請負人と呼ばれるプロ経営者が書いた 社長の勉強法』
・吉川 英治 『三国志』
・司馬 遼太郎 『竜馬がゆく』
・村上 春樹 『海辺のカフカ』
・高杉 良 『青年社長』

サザンの曲に元気をもらい、『ゴッドファーザー』や『半沢直樹』の群像劇にアツくなり、ニュース7と報道ステーションで時勢をチェックし、経営者の自伝や歴史小説に人生を学ぶ…。

こう見ると、社長といえど普通のサラリーマンとそう大差ない娯楽に興じていることに気づかされる。しかし、その情報・作品に触れたことで得た気づきや学びの量と質、さらにはそれを実践に役立てていく実行力には差があるのかも知れない。

その差こそ、サラリーマンと社長を隔てる違いなのではないだろうか。

【調査方法】
1.調査の方法:インターネット調査(株式会社Shake hands by ESSPRIDE調べ)
2.調査対象者:全国の20~59歳で従業員数10名以上300名未満の経営者 100名
3.調査実施日:2018年5月17日(木)

関連情報:http://esspride.com/

構成/こじへい

@DIME

最終更新:8/10(金) 6:31
@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2018年11月号
9月15日発売

定価700円

特別付録 コーヒーカップスリーブ
スマホの強化書2019
秋の家電新製品評価テスト
こだわりのコーヒー学