ここから本文です

エバートンが“駆け込み”で大型補強 ミナ、A・ゴメス、ベルナルジの代表3選手を獲得

8/10(金) 2:04配信

Football ZONE web

ブラジルW杯出場のベルナルジは移籍金ゼロで4年契約 ミナは買い戻しオプション付き

 プレミアリーグの移籍マーケットが現地時間9日の17時にクローズした。期限最終日に最も積極的な補強を敢行したのは、どうやらエバートンだったようだ。バルセロナからコロンビア代表DFジェリー・ミナとポルトガル代表MFアンドレ・ゴメス、そしてシャフタールから2014年ワールドカップ(W杯)のブラジル代表MFベルナルジと各国代表クラスの3選手を獲得した。

【動画】得点シーンだけでも12分超の大作! エバートンがシウバ体制初陣で22得点のゴールラッシュ劇

 25歳のベルナルジは母国ブラジルのアトレチコ・ミネイロでキャリアをスタートさせ、2013年に移籍金4000万ポンド(約57億円)でウクライナのシャフタールへ移籍。ブラジル代表としても14試合に出場し、14年のブラジルW杯にも出場した。

 ベルナルジは昨季限りでシャフタールと契約満了。移籍金はかからず、エバートンとの4年契約にサインした。背番号は20となる。

 昨夏にバルサへ加入したミナは完全移籍でエバートンへ移籍。英公共放送「BBC」によると、移籍金は3025万ユーロ(約39億円)となるが、契約にはバルサが買い戻しできるオプションが含まれるという。一方のゴメスは1年間の期限付き移籍。ローン費用は225万ユーロ(約2億9000万円)で、選手の年俸もエバートン側が負担する。

今夏だけでバルセロナから3選手を獲得

 ミナは今年1月にブラジルのパルメイラスから加入したが、わずか半年でバルサ退団となった。ゴメスも2016年にバレンシアからステップアップを果たしたが、タレント揃いのバルサの中盤でレギュラーポジションを手にすることができなかった。

 すでにフランス代表DFリュカ・ディニュもエバートン移籍が決定済みで、今夏だけでバルセロナからエバートンへ3選手が移籍することになった。そして、エバートンはイングランド代表GKジョーダン・ピックフォードらを獲得した昨夏に続く大型補強を実現させた。

Football ZONE web編集部

最終更新:8/10(金) 2:05
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

Yahoo!ニュース特設ページ