ここから本文です

ウェストハムが今夏9人目の補強 W杯日本戦で開始3分退場のコロンビア代表MFを獲得

8/10(金) 8:40配信

Football ZONE web

32歳のカルロス・サンチェスが2年契約 自身3シーズンぶりのプレミアリーグへ

 プレミアリーグの移籍最終日となった現地時間9日、ウェストハムはフィオレンティーナからコロンビア代表MFカルロス・サンチェスを獲得した。ロシア・ワールドカップ(W杯)の日本戦で試合開始3分にPK献上と一発退場という悪夢を味わったボランチが、3季ぶりにイングランドへ復帰する。

【写真】日本の歴史的勝利にプレミアリーグも称賛 日本代表DF吉田麻也とコロンビア代表DFサンチェスの“デュエル・ショット”

 クラブ公式サイトの発表によれば、32歳のサンチェスは2年契約を締結。2014年から16年までプレーしていたアストン・ビラ以来となるイングランド1部プレミアリーグ復帰となる。昨季は前半戦をフィオレンティーナで過ごし、今年1月にはスペインのエスパニョールへ期限付き移籍していた。

 サンチェスは「ここに来ることができて本当に嬉しい。ワクワクしているし、多くのことを成し遂げることが楽しみだ」と加入の意気込みを語った。クラブにとっては今夏9人目の新戦力となる。

 ロシアW杯ではグループリーグ初戦の日本戦で、キックオフからわずか3分にMF香川真司(ドルトムント)のシュートを手で止めてしまい、PKを献上するとともに自身は一発退場となった。1-2で敗れた責任を押し付けられ、SNSでは母国のサッカーファンから殺害予告も飛び出すほどの騒動となった。

 大舞台で悪夢を見たサンチェスだが、新天地へ渡り、気持ちも新たにシーズンを迎える。

Football ZONE web編集部

最終更新:8/10(金) 8:40
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新