ここから本文です

三竿健斗は足りないものを求めて「ギラギラした姿勢で練習した」

8/11(土) 8:54配信

webスポルティーバ

アディショナルタイムに突入している。残り時間わずかで迎えたFK。それは多分、最後の得点機になると誰もが思っただろう。

 8月5日カシマスタジアム。清水エスパルスを迎えた鹿島アントラーズは、連戦の疲労を考慮し、ベテランの小笠原満男、若い金森健志、移籍加入したばかりのチョン スンヒョンとスターティングメンバーを大幅に入れ替えていた。試合開始前のウォームアップ中にGKのクォン スンテが負傷し、急遽、曽ヶ端準が出場するというアクシデントにも見舞われている。  

 堅い守備でゴールを守る清水相手に得点を奪えない。逆に清水のカウンターでピンチにさらされてもいた。シュートがポストに当たり救われるシーンは2度もあり、スコアレスドローで逃げ切ることができれば、幸いなのかもしれない、そんな試合展開だった。

 後半41分、大岩剛監督は遠藤康に代えて、内田篤人をピッチへ送り込み、3枚目の交代カードを切った。右サイドバックを務めていた西大伍が1列前にポジションをとる。

「僕は得点を決めるタイプの選手じゃない。だけど、考えたのは、ドログバのように途中出場すると、空気が変わってしまう選手のこと。相手が嫌だなぁと思う選手。そういうことを意識していた」と話した内田。スペースがあると感じていたサイドで、何度もパスを前線へ供給し、攻撃のリズムを作った。

 この試合、クサビのパスを受けるたびに相手の守備により、プレー続行が叶わないシーンが繰り返されていた鈴木優磨。アディショナルタイムでのFKも鈴木が倒されて得たものだった。永木亮太が蹴ったボールをゴール前でスンヒョンが落とす。そして、右手に立つ西がそれを蹴り、ゴールが生まれ、試合は1-0で終了する。

「粘り強い」

 以前、鹿島について訊いたとき、スンテはそう答えた。しかし、今季の鹿島はその粘りをなかなか発揮出来ていなかったのも事実だ(逃げ切ることはあっても、勝ち切ることは少ない)。だからこそ、これがジーコ効果なのかと、テクニカルディレクターに就任したばかりのジーコのことを思わずにはいられなかった。

 試合前日の8月4日から、チームに帯同しているジーコは、鹿島アントラーズの礎を築いた人物だ。「アントラーズのユニフォームに袖を通すことの意味を改めて伝えたい」と、テクニカルディレクターとしての仕事について語っている。そんなジーコイズムのひとつが「どんな試合でも勝つこと」である。

 勝利がもたらす好影響は数多い。クラブ運営、選手育成、チーム強化に繋がるのは当然だが、同時に大きな喜びや希望を人々に与えてくれる。

 劇的な勝利によって、歓喜に揺れるスタンドがそれを示していた。

 2018年5月、ワールドカップロシア大会のメンバー選考合宿の一員に選出されながらも、大会メンバー入りは果たせなかった三竿健斗。ワールドカップ出場、そしてそこでの活躍は、2013年U-17ワールドカップ出場時からの目標だ。2022年のワールドカップカタール大会へ向けた森保一新日本代表監督就任を受けて「鹿島で活躍することが、一番代表入りのチャンスに繋がる」と語っている。

――U-17ワールドカップに出場したとき、自分と世界との距離をどんなふうに感じていましたか? 大会後には(ドイツ・ブンデスリーガの)ブレーメンが興味を持っているという報道もありました。

「僕たちは個というよりも集団で戦うチームだったので、そういう戦いをすれば、17歳同士であれば、世界とも戦えると。でも、差が出るのは17歳以降だと思ってもいました。僕ら日本人の選手は、高校生のチーム、ユースチームに所属しているけれど、海外の選手は早いと16歳とか17歳でトップチームでプレーをしている。そのトップチームも非常に高いレベルだから、そこで差が出るなと。だから、なるべく早くトップチームに上がって、どんどん上へ行きたいというイメージを描いていました。U-20とか、オリンピックというふうに段階を踏んでというよりも、ワールドカップ、フル代表を目標にしていました。年代別の代表に入っていなくても、フル代表で活躍している選手はたくさんいるので、そこはあまりこだわっていませんでした」

――「U-17ワールドカップの経験を忘れずに」という選手もいますが、やはりそれを大会後も維持するのは難しいものでしょうか?

「そうですね。スピードが違うので、最初の1週間くらいしか持たない。しかも、トップチームでプレーしている選手たちは、プロとして、生活を賭けてやっているから。高校生チームでプレーするのとではプレッシャーも違うので」

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

Sportivaムック
5月10日(木)発売

定価 本体1,593円+税

フィギュア特集『羽生結弦 王者の凱旋』
■仙台凱旋パレード
■平昌オリンピック名場面集
■世界選手権プレイバック

Yahoo!ニュース特設ページ