ここから本文です

暑さに負けて出費する「猛暑貧乏」を防ぐコツ

8/14(火) 5:00配信

東洋経済オンライン

 夏真っ盛り。2017年は長雨の影響で、プールやビアガーデンに閑古鳥が鳴いた。うってかわって、猛暑、いや酷暑の影響で、今年はこれらの施設は好調のようだ。

■あまりの暑さにうっかり浪費が増える

 第一生命経済研究所の試算によると、過去に最も日照時間が長かった1994年と同程度だと仮定すれば、この夏の家計消費への押し上げ効果は6800億円(7月)にも上るという。

 押し上げというとポジティブな響きだが、消費者サイドから見ればお金を使ってしまっているわけだ。ではいったい何にお金を使っているのか。電子チラシサービス「Shufoo! (シュフー)」が発表した、今年のボーナスと夏のお買い物に関する実態調査を読むとその一端がうかがえる。

 Shufoo! のユーザーは、スーパーのチラシ情報をチェックし、いちばんお買い得な品を探そうと考える、節約志向の高い層といえるだろう。しかし、この暑さではさすがにそれもままならない。レポートの中の「夏の買い物あるある」を覗くと、こんな記述がてんこ盛りだ。

 「買い物行くたびにアイスを買いがち」(栃木県・20代)、「重いのに飲み物をたくさん買ってしまい、 帰りに後悔する」(茨城県・40代)、「デパート内が寒く、 ホットドリンクを買う」(北海道・20代)、「台所に立って料理するのが暑いので出来合いを購入することが増える」(埼玉県・20代)(Shufoo!  利用者調査より一部抜粋)

 要するに、うっかり出費が増えてしまっているということだ。

 回答者には女性が多いが、主婦ばかりがこうした支出をしているわけではない。あまりの暑さにコンビニに駆け込み、しばらく涼んでは、ついでにペットボトルコーヒーやアイスを買ってしまう、そんなビジネスパーソンは少なくないだろう。

 商談や営業の合間、普段なら公園のベンチで一息とするところ、熱風にあおられて、例年より多くカフェに逃げ込んでしまうという人も多いかもしれない。連日のこととなれば、カフェ代もばかにならない。

1/4ページ

あわせて読みたい