ここから本文です

レアルDFラモス、C・ロナウドの「ユベントスは家族」発言に皮肉 「僕らだって…」

8/15(水) 15:20配信

Football ZONE web

レアル主将がロナウドの去ったチームについて言及「勝利を止める必要はない」

 ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは今季、レアル・マドリードからユベントスへと電撃移籍し、セリエAに大きな話題を提供している。「ユベントスはまるで家族のようだ」と加入直後ながらチームに溶け込んでいる様子を口にしているが、レアルのキャプテンであるスペイン代表DFセルヒオ・ラモスとブラジル代表DFマルセロはそれを少々皮肉ったようだ。スペイン紙「マルカ」が伝えている。

【写真】こんな神対応見たことない!?  ユベントスFWロナウド、男性乱入者と“笑顔の頬寄せショット”

 レアルは現地時間15日にアトレチコ・マドリードとのUEFAスーパーカップに臨む。昨季UEFAチャンピオンズリーグ(CL)三連覇の偉業を果たしたが、ロナウド、そしてジネディーヌ・ジダン監督がチームを去り、ベルギー代表GKティボー・クルトワらが加入するなど新たなサイクルに入っている。「シーズン開幕で新タイトルを獲得し、勝利したい」と話すラモスだが、ロナウドの件の発言に思うところがあったようだ。

「僕らだって常に家族のように感じているよ。成功への道筋はいつも一緒だった。彼もまた家族の一員だった。彼みたいな素晴らしい選手の退団は確かにネガティブだけど、勝利を止める必要はないし、レアル・マドリードは今後も続いていく」

「いち選手がこのクラブとエンブレムより上に位置づくことはできない」

 ロナウドがいなくとも欧州王者のプライドは変わらないと自負した。そして、前線の補強についても「僕らの関わるところじゃない。クリスティアーノの退団は大きかったけど、いち選手がこのクラブとエンブレムより上に位置づくことはできない」と、ロナウド一人が注目を集めるような報道に釘を刺した。

 また、左サイドで圧倒的な存在感を見せるマルセロもロナウドについて問われると「それはクリスティアーノ向けの質問だよね。僕らは良い相手が待ち受けているし、自分たちの持っている力に満足しているからね」と“脱ロナウド”は着々と進んでいることを明確にしている。

 セリエAとリーガ随一の名門がもし直接対決することになれば、ロナウドを巡ってヒートアップしそうだ。

Football ZONE web編集部

最終更新:8/15(水) 15:20
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

あなたにおすすめの記事