ここから本文です

崩れ去った官僚性善説 良心後押しし不正告発促せ

2018/8/17(金) 18:01配信 有料

週刊東洋経済

国会内で記者会見する大島理森衆議院議長(7月31日)(時事)

<2018年8月25日号> 延長された通常国会の閉幕を受けて大島理森(ただもり)衆議院議長が発表した所感は、異例と言ってもいいものだった。

「この国会において、①議院内閣制における立法府と行政府の間の基本的な信任関係にかかわる問題や、②国政に対する国民の信頼にかかわる問題が、数多く明らかになりました。これらは、いずれも、民主的な行政監視、国民の負託を受けた行政執行といった点から、民主主義の根幹を揺るがす問題であり、行政府・立法府は、共に深刻に自省し、改善を図らねばなりません」 本文:2,384文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込54
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

千田 景明 :ジャーナリスト

最終更新:2018/8/17(金) 18:01
週刊東洋経済

おすすめの有料記事

使えます

もっと見る