ここから本文です

【SBS杯】相澤ピーターコアミが2本ストップ!U-18日本代表が静岡ユースをPK戦で下す

2018/8/17(金) 19:25配信

SOCCER DIGEST Web

互いにゴールを割れず、決着はPK戦へ

[SBSカップ]静岡ユース 0(2PK3)0 U-18日本代表/8月17日/愛鷹広域公園多目的競技場
 
 SBSカップの第2戦・静岡ユース対U-18日本代表が8月17日、愛鷹広域公園多目的競技場で行なわれ、PK戦の末にU-18日本代表が3-2で勝利した。
 
 日本は4-2-3-1のシステムを採用した。GKは相澤ピーターコアミ、最終ラインは右から菅原由勢、石尾崚雅、岡本將成、起海斗が並んだ。2ボランチは福岡慎平と安島樹が組み、右サイドに上月壮一郎、左サイドに水野雄太を起用。トップ下には喜田陽が置かれ、1トップは榎本樹が抜擢された。
 
 40分ハーフで行なわれた試合は、序盤から日本がポゼッションをして主導権を握る。しかし、統制された守備ブロックを築く静岡ユースに対し、日本は攻めあぐねる時間帯が続いた。
 
 すると、セカンドボールを拾えるようになった静岡ユースが反撃し、前半31分には佐野陸人が左サイドからのクロスに合わせてチャンスを得た。その後は日本もゴール前で榎本が決定機を迎えるなど、一進一退の攻防しながら互いに得点できず、スコアレスで前半を終えた。
 後半に入ると、静岡ユースが途中出場の齊藤聖七を中心に、ゴールに迫る回数を増やしていく。勢いを増した静岡ユースは、その後も球際を強く戦い、走力でも日本を上回ってリズムを掴んだ。さらに、後半27分に佐野、後半30分に齊藤がミドルを狙ったが、どちらも大きくバーの上を超えた。
 
 ゲーム終盤になると、日本が交代で入った宮代大聖、石井快征、檀崎竜孔を中心に細かいパスワークを駆使し、何度か相手の守備ブロックを崩しにいった。そして試合終了間際には宮代が裏に抜けてシュートを放つも、ゴールの枠を捉えられなかった。
 
 試合はそのまま互いにネットを揺らせず、0-0でタイムアップしてPK戦に突入。日本は守護神・相澤が2本のシュートをセーブし、3-2で勝利した。
 
 初戦でU-18オーストラリア代表を1-0で下し、静岡ユースにもPK戦で勝利した日本。次戦は8月19日、17時30分から草薙陸上競技場でU-18パラグアイ代表と戦う。

【画像】Jリーグを華やかに彩るチアリーダーたち!

最終更新:2018/8/17(金) 19:25
SOCCER DIGEST Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

あなたにおすすめの記事