ここから本文です

吉田輝星、根尾昂らを選出。アジア選手権で見たい高校日本代表の18人

8/20(月) 19:20配信

webスポルティーバ

 夏の甲子園が終われば、次は「U-18アジア選手権」が9月3日から宮崎で開催される。正式な代表メンバーは、甲子園決勝の日に発表されるが、ひと足早く、独断と偏見で「U-18侍ジャパン」を考えてみた。

【写真】4人のスカウトが選出。甲子園100回大会ベストナインはこれだ!

【投手】
吉田輝星(金足農)/3年/右投右打
柿木蓮(大阪桐蔭)/3年/右投右打
渡辺勇太朗(浦和学院)/3年/右投右打
勝又温史(日大鶴ヶ丘)/3年/右投左打
板川佳矢(横浜)/3年/左投左打
及川雅貴(横浜)/2年/左投左打
林優樹(近江)/2年/左投左打
西純矢(創志学園)/2年/右投右打

【捕手】
小泉航平(大阪桐蔭)/3年/右投右打
有馬諒(近江)/2年/右投右打

【内野手】
根尾昂(大阪桐蔭)/3年/右投左打
小園海斗(報徳学園)/3年/右投左打
北村恵吾(近江)/3年/右投右打
斉藤大輝(横浜)/3年/右投右打
奈良間大己(常葉大菊川)/3年/右投右打

【外野手】
藤原恭大(大阪桐蔭)/3年/左投左打
蛭間拓哉(浦和学院)/3年/右投左打
伊藤海斗(酒田南)/2年/左投左打

 今年の夏の大会は「こんなにもいい選手がいたのか……」と、多士済々の逸材が次々に現れた。U-18のメンバーは18名だから、今回の甲子園に出場した選手からだけでも十分に選ぶことはできたが、高校日本代表という名の通り、広く在野からも探すことにした。

 選考した経緯は、次のとおりだ。

 U-18の大会だが、今年はアジア大会で、来年が世界大会となる。”本番”はむしろ来年と考え、その時に主軸となるべき現2年生に多く経験を積ませたいと考え、5人の2年生を入れた。

 この夏、岩手県大会で154キロをマークし、一躍話題となった大船渡の佐々木朗希(ろうき/右投右打)も2年生。余力を残したフォームから150キロ台のストレートを立て続けに投げ、そのテンションにちょっとでも”刺激”が加わったら160キロぐらいはあっさりマークしてしまいそうな大器である。

 おそらく来年のU-18には必ず入ってくる選手であり、今回も経験のために”選出”という選択肢もあったが、まだ精神的に幼いことと、なによりこの夏の甲子園出場組に素晴らしい選手がたくさんいたために断念した。

1/3ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

Sportivaムック
5月10日(木)発売

定価 本体1,593円+税

フィギュア特集『羽生結弦 王者の凱旋』
■仙台凱旋パレード
■平昌オリンピック名場面集
■世界選手権プレイバック