ここから本文です

メイク崩れの元「顔汗」を抑える 顔専用制汗剤が登場

8/20(月) 5:00配信

日経ウーマンオンライン(日経ヘルス)

 日経ヘルスより、「体・食・美」にまつわる最新情報をお届けします。今回は、働く女性にお薦めな最新美容アイテムをご紹介しましょう。

【関連画像】「習慣性敏感肌」のためのスキンケア 左:「ウォッシングパウダー」(ナノエッグ)、右上:「スキンウォーター35/54」(ナノエッグ)、右下:「スキンリピッドII 15/33」(ナノエッグ)

●ピタッとフィットで毛穴カバー 新感触ファンデーション

 肌に乗せたときの感触が特徴的なファンデーションが話題だ。「インテグレート 水ジェリークラッシュ」は、皮脂と混ざらない新開発の水ジェリー基材を採用。ひんやりジェリーが肌に密着し、毛穴や凹凸感のないつるんとした肌が持続する。「雪肌精 スノーCC パウダー」は、美容液成分を含み、皮脂と混ざっても色がくすまない板状粉体「メルティングスノーパウダー」を配合。パウダーなのに、リキッドのようにスッとなじむ感触が人気だ。

 また、ポーラは、点描画の濁らない発色に着想を得て、肌の上で4色のパウダーが混ざると自然な肌色に変化するファンデーションを開発した。

「雪肌精 スノー CC パウダー」(コーセー)

 リキッドファンデーションのように伸び、毛穴や色ムラをカバーするパウダーファンデーション。均質なツヤ感を出す粉体、くすみを抑える雪の結晶状の粉体も配合。SPF14/PA+。3色。各8g、4200円(ケース、スポンジ付き)。

「インテグレート 水ジェリークラッシュ」(資生堂)

 水ベースのため皮脂と混ざらず崩れにくい、ジェリー状ファンデーション。肌に密着して表情の動きによるヨレに強い。SPF30/PA++。2色。各18g、2000円(編集部調べ。パフは別売り、400円)。

「ディエム クルール カラーブレンドファンデーション」(ポーラ)

 ピンク、黄色、青、緑の4色が混ざると点描画のような独特の奥行き感とともに、濁りのない肌色に仕上がるパウダーファンデーション。SPF23・PA+++。4色。各8g、5300円(パフ付き。ケースは別売り)。

「習慣性敏感肌」のためのスキンケア

 アトピー性皮膚炎の治療法を研究するナノエッグが、肌バリアが低下してトラブルを繰り返す“習慣性敏感肌”向けのスキンケア「MediQOL(メディコル)」を開発した。余計なものは入れず、健全な肌を構成する皮脂と細胞間脂質(ラメラ)と同じ成分、水分で満たし、敏感肌の人のQOL向上を目指す。

「ウォッシングパウダー」(ナノエッグ)

「スキンウォーター35/54」(ナノエッグ)

「スキンリピッドII 15/33」(ナノエッグ)

 洗顔パウダー「ウォッシングパウダー」は50g2300円、補充水「スキンウォーター35/54」(化粧水)は1回分2ml×30本が3200円、肌バリアが弱い敏感肌向けの補湿クリーム「スキンリピッドII 15/33」は30g、5400円。朝夜、この3点だけのシンプルケア。

※価格はすべて税別。

●顔汗、脇汗も抑える サラサラキープクリーム

 顔汗は、メイク崩れだけでなく乾燥の原因にもなる。顔の汗腺量は、ワキの約倍から4倍もあるというが、顔用とうたった制汗剤はなかった。フェノールスルホン酸亜鉛を配合したこのクリームは、毛穴を引き締めて顏汗の流出量を抑える。合成香料や鉱物油、パラベンなどは使用していない。

「サラフェプラス」(ハーバーリンクス)

 顔汗用制汗ジェル。洗顔後、顔から首や胸元などに塗り、サラっと感触が変わるまで3秒ほど両手で包むように押さえてなじませたら、いつものスキンケアやメイクを。30g(約1カ月分)、8480円。医薬部外品。

日経ヘルス 2018年8月号掲載記事を転載
この記事は記事執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります

取材・文/日経ヘルス編集部 写真/渋谷和江

記事提供社からのご案内(外部サイト)

日経ヘルス

日経BP社

2018年10月号

価格:600円(税込)

1カ所ほぐすだけ! 整体でゆがみ解消
そのスキンケア 効きめの9割捨ててます!
栄養を120%とる究極の保存テク

日経ウーマンオンライン(日経ヘルス)の前後の記事