ここから本文です

“会いに行けるアイドル”に終止符 相次ぐ「AKB」握手会中止の裏に「坂道」への不満

8/22(水) 6:00配信

デイリー新潮

 この夏の酷暑によって、体調不良を訴えるケースが増加したと伝える。だが、彼女たちの“体調不良”は、ファンの熱気とは対照的に冷めた感情もあるようで……。

 ***

 8月10日から12日まで、千葉・幕張メッセで行われたのは、AKB48の51枚目のシングル「ジャーバージャ」発売を記念した「大握手会&スペシャルステージ祭り」なるイベントだった。

「そもそも開催前から“女王不在”ということで、ケチがついた催しではあったのですが」

 と語るのは、さる芸能記者である。女王とはご存知、今年の総選挙を制した松井珠理奈(21)を指す。選挙以降、やはり体調不良のために活動を休止している彼女は、このイベントでも前々から不参加が明かされていた。

「とはいえ、他に選挙3位の宮脇咲良(20)や、選挙を辞退している指原莉乃(25)や柏木由紀(27)ら人気メンバーが顔を出すので、運営としても心配はしていませんでした。ところが彼女たちすらも“体調不良”で途中欠席となってしまい、物議をかもしているのです」

 いずれも途中から参加が取り止めになったと伝えられる3人。さすがに名の知られた彼女たちともなれば、忙しくて体力も持たないのか……と思いきや、そうとも言い切れないフシがあるというのだ。

坂道の“握手会免除説”

 先の記者が続ける。

「実際に体調を崩してしまったとしても、彼女たちの中で握手会に対するモチベーションの低下があるのは間違いないと思います。というのも、“坂道系”の人気メンバーは、握手会を免除されるといわれていますからね」

 乃木坂46、そして欅坂46ファンの間で囁かれるのが、記者のいう“握手会免除説”である。例えば乃木坂は、21枚目のシングル「ジコチューで行こう!」の握手会が、8月12日から10月27日にかけて、全国5カ所での開催が予定されている。が、開催前から白石麻衣(26)、西野七瀬(24)ら人気メンバーは“スケジュールの都合により”参加しない旨が発表されているのだ。

「モデル業などにも勤しむ彼女たちですから、1回や2回の握手会に折り合いがつかないのはわかる。でも、10月の握手会の予定が6月に発表され、その時点ですでに“スケジュールがつかない”というのは……というのがファンの間で言われている話なんです。一方、あの指原が参加しているように、基本的にAKBでそういった話はない。当事者からしてみれば、『なんで坂道は許されているのに……』となって当然ですよ」

 最近のシングルを見ても、乃木坂はミリオン、欅坂もハーフミリオンをコンスタントに売り上げている。握手会がなくてもやっていけるともなれば……。AKBのコンセプト“会い行けるアイドル”を、乃木坂が崩す? 

週刊新潮WEB取材班

2018年8月22日 掲載

新潮社

最終更新:8/22(水) 10:55
デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売

「デイリー新潮」は総合週刊誌「週刊新潮」が発信する最新の話題に加え、専任取材班よる綿密な取材に裏打ちされた記事を配信するニュースサイトです。

Yahoo!ニュースからのお知らせ(10月17日)