ここから本文です

「裁判は真実を究明する場ではない」 中川元死刑囚と論文を共同執筆 アンソニー・トゥー教授インタビュー

8/26(日) 7:00配信

文春オンライン

 2018年7月6日、オウム真理教の教祖・麻原彰晃こと松本智津夫やその他5人とともに元オウム真理教幹部・中川智正元死刑囚が刑に処され、亡くなった。毒性学の世界的権威であり、死刑確定後の中川元死刑囚の面会相手であったコロラド州立大学のアンソニー・トゥー名誉教授が7月26日に『サリン事件死刑囚 中川智正との対話』(KADOKAWA)を上梓した。

【画像】平田信被告と中川智正元死刑囚を乗せて東京拘置所を出る特別護送車

 

 トゥー教授のオウムとの奇妙な縁は1994年にはじまる。その年、学術誌「現代化学」上でトゥー教授が化学兵器についての論文を発表すると、悪用を恐れたためにかなり簡略化された内容だったにもかかわらず、教団はこの論文をヒントにVXガスを作り、会社員VX殺害事件などを起こしたのだ。松本サリン事件が起こった後には、トゥー教授が科学警察研究所に協力し、山梨県旧上九一色村の教団施設付近の土壌からサリン残留物が検出された経緯がある。

 

 トゥー教授は、化学兵器開発に関与した元医師の中川元死刑囚に2011年から計15回面会した。著書と、中川元死刑囚と過ごした時間について聞いた。

死刑確定の二週間前に開始した文通をきっかけに面会へ

 4年前に「サリン事件: 科学者の目でテロの真相に迫る」という本を出版したのですが、科学的な見地からオウムが起こした一連の事件について書いたもので、一般の方にとって読みやすいものではありませんでした。

 そして、中川さんからは、生きている間は面会中の発言や手紙のやり取りを出版するのは基本的に控えてほしいというお願いがあった。そういった経緯で、今回中川さんが亡くなられた後にこの本を出版したわけです。

 そもそも中川さんとお話をするようになったのは、オウムがどのようにしてサリンやVXガスなどの化学兵器を製造するに至ったかを知りたかったためです。

 日本では、死刑判決が確定すると、死刑囚は判決以前から接触のあった人としかやり取りすることができません。幸い、私は中川さんの死刑が確定する2週間前に中川さんとの文通を開始しました。その後、法務省の特別許可を得て面会しています。

1/4ページ

最終更新:8/26(日) 7:00
文春オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ