ここから本文です

「プレステ5の投入は2019年に前倒し」との見方浮上

8/30(木) 7:20配信

エスクァイア

ソニーは、マイクロソフトのゲームコンソール「Xbox」新機種の発売よりも先に投入することを検討していると、専門家が示唆しています。

【 動画 】「プレイステーション5」のイメージ動画

プレイステーション5

 「PlayStation 5(プレイステーション5)は、2021年まで登場しない」とソニーCEOの小寺剛氏は言い続けていますが、しかし、ゲーム業界の複数の専門家らはある秘密の投入計画により、「プレイステーション5」がかなり早い時期に私たちの家庭に届く可能性があると考えています。 
 
 テック系ニュースサイト「T3」によれば、ソニーは早ければ2019年のクリスマス(年末商戦期)に「プレイステーション5」をリリースすることで、マイクロソフトのXbox Two(コードネーム『Xbox Scarlett』)に先行することを検討しているそうです。 
 
 この可能性は、世界有数のゲーム業界アナリストであるマイケル・パッチャーさんが示したものです。

 最近、ソニーがマイクロソフトに対する奇襲を計画しているとの説を裏づける考えをエース経済研究所に在籍する、ゲーム業界アナリストの安田秀樹氏が明らかにしていました。 
 
 安田氏は最近のレポートの中で、「プレイステーション5の投入は2019年末になる」との考えを述べていました。仮にこの考えが正しいとすると、「プレイステーション5」は年末商戦に間に合わせるために(2019年)11月に発売されることになります。 
 
 また、2019年中に「プレイステーション5」を投入できれば、ソニーはマイクロソフトに対して1年先行することにもなります(ただし、マイクロソフトがXbox Twoの投入時期を繰り上げれば話は別ですが)。 
 
 はたして、プレイステーション5の販売時期が前倒しになることは本当であるのか、多くのユーザーが気になっていることでしょう。
 
 パッチャーさんは、業界の動きを予言することに関して優れた実績をもつ人物であるため、この予想はどこか肯定的なものです。また、「プレイステーション5」の開発者向けツールキットが数カ月前から出回っているという噂も、複数流れています。

最終更新:8/30(木) 7:20
エスクァイア

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エスクァイア

ハースト婦人画報社

1933年にアメリカで誕生した
ハイエンド・ファッション雑誌です
ファッションやライフスタイルにとどまらず
アート、カルチャー情報などを届けます

あなたにおすすめの記事