ここから本文です

モウリーニョのチームに忍び寄る“3シーズン目のシンドローム”

8/31(金) 18:17配信 有料

SOCCER DIGEST Web

抱えきれないトラブルに見舞われているかのようだ。
モウリーニョのチームに忍び寄る“3シーズン目のシンドローム”

レスターとのプレミア開幕戦に勝利しても、ほとんど笑顔は見せずに憮然としたこの表情。モウリーニョからは覇気が感じられない。(C)Getty Images

 プレシーズン中のユナイテッド周辺から聞こえてきたのはネガティブな雑音ばかりだった。モウリーニョのチームが結果を残せなくなる“3シーズン目の症候群”がただの作り話だと証明するには、何が必要なのだろうか。(文:オリバー・ケイ・訳:井川洋一 2018年8月18日発売ワールドサッカーダイジェスト『ザ・ジャーナリスティック イングランド』を転載)

―――◆―――◆―――

 ジョゼ・モウリーニョが「3シーズン目のシンドローム」について、ある記者から尋ねられたのは2015年の終盤だった。監督3シーズン目は結果を残せなくなるという、例の〝症候群〞についてだ。

 その当時、チェルシーでトラブルに満ちた第2次政権の末期を過ごしていたポルトガル人指揮官は、苛立ちながらこう返答している。

「私はポルトで3シーズン目を過ごしていない。インテルでも3シーズン目はなかった。チェルシーで初めて 本文:5,126文字 写真:3枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込54
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

最終更新:8/31(金) 18:17
SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ