ここから本文です

「これまでは控えめな選手だったが…」モドリッチがW杯MVPに続いて欧州年間最優秀選手も受賞! その理由は?

2018/8/31(金) 5:01配信

SOCCER DIGEST Web

C・ロナウド、サラーに差をつけての受賞!

現地時間8月30日、UEFA(欧州サッカー連盟)は、チャンピオンズ・リーグ(CL)グループステージの組み合わせ抽選会と合わせて、2017-18シーズンの最優秀選手の表彰式を開催。レアル・マドリーに所属するクロアチア代表MFのルカ・モドリッチを選出した。

【写真】今夏に新天地を求めたビッグネームたち(随時更新中)

 同賞はCLとヨーロッパリーグに出場したクラブの監督80名と、サッカー専門記者55名の投票で受賞者が決められるもので、最終候補3名にはモドリッチの他、クリスチアーノ・ロナウドとモハメド・サラーがノミネートされていた。

 モドリッチは昨シーズン、不動の司令塔としてマドリーを牽引。見事に前人未到のCL3連覇に導いた活躍が評価され、2位のC・ロナウドに90ポイント差をつけての初受賞となった。

 先のロシア・ワールドカップでも、クロアチア代表を初の決勝進出に導き、大会MVPに選ばれたモドリッチ。UEFAは公式サイトで、次のように選出理由を記している。

「モドリッチは控えめな選手だったが、昨シーズンの存在感はこれまでと明らかに違っていた。小さなMFは、祖国クロアチアの初のW杯決勝進出とマドリーのCL3連覇を大いに助けた。32歳の男は、多くの得点を稼ぐわけでもなく、守備において盾となるわけでもないが、彼の持ちうる力強さとクオリティーは、明らかに他を圧倒するものだった」

 なお、以下が、トップ10の最終的な順位とポイント数だ。

1位:ルカ・モドリッチ(レアル・マドリー/313ポイント)
2位:クリスチアーノ・ロナウド(レアル・マドリー※現ユベントス/223ポイント)
3位:モハメド・サラー(リバプール/134ポイント)
4位:アントワーヌ・グリエーズマン(アトレティコ・マドリー/72ポイント)
5位:リオネル・メッシ(バルセロナ/55ポイント)
6位:キリアン・エムバペ(パリ・サンジェルマン/43ポイント)
7位:ケビン・デ・ブルイネ(マンチェスター・シティ/28ポイント)
8位:ラファエル・ヴァランヌ(レアル・マドリー/23ポイント)
9位:エデン・アザール(チェルシー/15ポイント)
10位:セルヒオ・ラモス(レアル・マドリー/12ポイント)

最終更新:2018/8/31(金) 5:20
SOCCER DIGEST Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

あなたにおすすめの記事