ここから本文です

【MLB】田中将大、5年連続2ケタ到達をファンも続々称賛 「見事だ」「タナカタイムは最高」

9/2(日) 20:03配信

THE ANSWER

田中が快投で10勝目、日本人2人目の快挙達成

 米大リーグ、ヤンキースの田中将大投手は、1日(日本時間2日)の本拠地タイガース戦に先発。7回1失点6奪三振と好投し、今季10勝目(5敗)を挙げた。5年連続2ケタ勝利は黒田博樹氏(2010~14年)以来で、日本人2人目。メジャーデビュー1年目からの達成は日本人初の快挙だ。女房役のサンチェスは「彼はエクセレントだった」と絶賛すれば、現地のファンからも続々と快投を称える声が上がっている。

【動画】大ピンチは宝刀スプリットで切り抜ける、ヤンキースが公開した田中の奪三振ショー

 最大の見せ場は、1点リードの7回だった。先頭から連打され、無死二、三塁の大ピンチ。だが、ここから崩れないのが凄い。ルーゴを一ゴロでまず1死。右打者マトゥックに対して内角へ88.8マイル(約142.9キロ)のスプリットで空振り三振。続くアドゥチはフルカウントから、低めに鋭く沈む89.3マイル(約143.7キロ)のスプリットを振らせ、連続三振。見事にピンチを切り抜け、ヤンキースファンからはスタンディングオベーションで称えられた。

 7回で7安打されるも要所を締めて最少失点に抑え、10勝目を手にした。MLB公式は「タナカは、今季彼が果たせなかったことをやってのけた」と称賛。「降板直前では勝負どころで大きな三振を奪うなど、タナカは7イニングを投げぬき、ヤンキースを2-1の勝利に導いた」とレポートしている。

 また同サイトによると、バッテリーを組んでいたゲーリー・サンチェス捕手は「直球の制球がとてもよかった。外角低め、というのが今日のカギだった。彼はエクセレントだったよ」と田中の制球力を称賛している。

ファンも称賛「ポストシーズンへ準備ができたようだ」

 田中の投球を紹介しているヤンキースの公式ツイッター、ヤンキースの試合を中継するテレビ局「YESネットワーク」の公式ツイッターにも、ファンの声が続々と届いている。

「タナカは見事だった」
「彼をワイルドカード・ゲームに先発させよう」
「彼はポストシーズンへ向けて準備ができたようだ」
「タナカタイムはいつだって最高」
「この奪三振は大きかった」
「球場にいたらさぞ凄い雰囲気だっただろう」

 打線はわずか2安打ながら2点。援護には恵まれずも、きっちりリードを守り抜いた田中へ、ヤンキースファンも喝采を惜しまなかった。

THE ANSWER編集部

最終更新:9/2(日) 20:20
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

あなたにおすすめの記事