ここから本文です

開幕3戦不発のC・ロナウド、伊メディアが両軍最低タイ評価 「ピッチ上で最悪だった」

9/2(日) 6:26配信

Football ZONE web

ユベントスは開幕3連勝も、注目のC・ロナウドは初ゴール奪えず

 今夏の移籍市場でイタリア王者ユベントスに移籍加入して注目を集めているポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、現地時間1日の敵地パルマ戦でフル出場もノーゴールとなり、開幕3戦不発となった。チームが2-1で3連勝を飾ったなか、ロナウドはついに辛口のイタリアメディアから「ピッチ上で最悪だった」という酷評を受けた。

【写真】「理想的な家族」「100点満点」と海外ファン共感 ユベントスFWロナウドが恋人、子供たちと“ユベントスカラー”に染まった6ショット

 ロナウドはこの試合で、攻撃時には4-3-3の左ウイングとセンターフォワードの位置をクロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチと流動的に務め、守備時には4-4-2の2トップの一角でプレーした。チームは前半2分にマンジュキッチのゴールで先制し、一度は同点とされたものの後半13分にフランス代表MFブレーズ・マテュイディが決勝ゴールを決めて勝利している。

 そのなかでロナウドを酷評したのは、サッカー専門サイト「トゥットメルカートウェブ・コム」の採点だった。対戦相手のパルマと合わせてもワーストタイの「5点」を付けて、厳しい評価を下した。

「ピッチ上で最悪だった。前半は日陰に居続けるようなプレーで、後半は間違ったポジション取りを繰り返した。簡単なシュートを1本外し、1本はブロックされ、クロス失敗から相手のカウンターにつながる失態もあった」

 ユベントスは勝ち越しゴール後に、ロナウドに初ゴールをプレゼントしようとする意図が見えるような攻撃が多かったが、それに乗って強引なプレーが増えたことが低評価につながったようだ。開幕2戦では合計で8本の枠内シュートを飛ばしていたロナウドだが、このゲームでは「あわや」というシーンはゴール前での偶発的なこぼれ球に反応した1回くらいだった。

及第点評価のメディアも… 「プレーが間違っているわけでもない」

 また、サッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」も「5.5点」と及第点には届かない評価を与え、「またしても、やる能力はあるが上手くいかないというサイクルに巻き込まれた。パルマでの夜は実験室のまま終わった。インターナショナル・マッチウィークの後は本物の彼が見られるだろう」と、いまだに本調子ではないとの見方をしている。

 一方、ユベントス専門のニュースサイト「トゥットユーベ・コム」は及第点の「6点」とし、「前の2試合と同様に、少し助けが足りなかった。何回かチャンスはあったし、相手に危険なプレーもあった。ゴールは訪れなかったが、プレーが間違っているわけでもない。連携はまだ向上するはず」と、好意的な評価を与えている。

 パルマの守備陣はロナウドの右足の前を絶対に空けないという強い意志を感じさせるようなプレーが目立った。ワンツーで入り込むコースも必ずと言っていいほど潰されており、相手の警戒すべき選手がハッキリしている場合に見られる、イタリアらしい守備の強さに苦戦している感もある。

 シーズン最初の中断期間までの開幕3試合で不発という予想外の結果になったロナウドには、厳しい声も見られ始めた。UEFAチャンピオンズリーグも開幕する中断明けには、よりコンディションを上げて本領を発揮する姿が見られるだろうか。

Football ZONE web編集部

最終更新:9/2(日) 6:27
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新