ここから本文です

北川景子が一度も語らない「父の職業」 大企業の幹部だった

9/4(火) 5:58配信

デイリー新潮

 彼女の夫の言葉を借りれば、「KMSS」な話題ということになろうか――。2016年、歌手でタレントのDAIGO(40)と結婚した女優の北川景子(32)。睦まじき夫婦仲について伝わってくることはあっても、なぜか彼女の父親の職業は伏せられてきた。以下は北川の実父に関する、DAI語で言うところの「興味津々」(KMSS)なお話。

 ***

〈北川景子がドラマ「指定弁護士」に初の弁護士役で主演〉(8月12日付スポーツ報知)

〈北川景子 NHKドラマ初主演〉(同月15日付日刊スポーツ)

 美貌を売りにし、アイドル的な要素を持つ女優は、結婚を機に人気が落ちるリスクを孕(はら)むが、北川に関しては無縁のようで、今夏も話題を振りまき、売れっ子ぶりを発揮している。ZOZOTOWNを運営する前澤友作氏とまだ交際段階であるのに猛批判に晒されている剛力彩芽は、大いに北川に学びたいところだろう。

 ともあれ、DAIGOと入籍し、私生活のミステリアスさを失っても芸能界の第一線で活躍を続ける北川だが、そんな彼女にもまだ「謎」が残されていて、ある芸能記者曰く、

「北川の父親が何者なのか、よく分からないんですよね」

 確かにこれまで北川は、「父親の躾が厳しかった」と言及したことがある程度で、それ以外に実父に関して語った形跡はない。いやが上にも「KMSS」感が高まるところなのである。

究極の「親孝行」

「北川さんのお父さんは、三菱重工の幹部なんです。それが、彼女が父親について語ろうとしない原因なのかもしれません」

 こう声を潜めるのは、同社の関係者だ。より具体的に言うと、

「彼は現在、三菱重工の防衛・宇宙セグメントのナンバー2。戦闘機や戦車を開発・製造し、自衛隊に納める、いわば日本の防衛産業のトップシークレットを握る立場にあるんです。いずれは、同部門のトップになると見られています。こうした父親の仕事柄もあって、北川さんはお父さんについて喋りたがらないのではないでしょうか」

 なるほど、北川にとって父親の職業は「機密」に値するということのようだ。しかし無論、我が国の防衛産業の中枢を担うことは決して恥ずべきことではなく、むしろ誇らしいことではないか。そこで、大阪府で暮らす北川の祖母に尋ねると、

「息子(北川の父親)はもともと口数が少なくて、景子のことも全然話してくれないんですが、部署が変わるたびに名刺はくれます。2年前の景子の結婚式の時にも名刺を渡されて、そこには確かに(三菱重工の)『防衛』と、あと『宇宙』って言葉もありました。それまでは神戸造船所の配属で、ずっと潜水艦を作る仕事をしていたんですよ」

 こう語った上で、

「景子の結婚式に出られて本当に嬉しかった。白無垢もドレスも綺麗でね。今、私は体が悪くて、ひとりで遠出はとてもできないから、もう曾孫ができても会いには行けないでしょう。でも、景子とDAIGOさんが曾孫を連れて会いにきてくれるようなことがあれば夢のようですね」

 と、期待に胸を膨らませるのだった。

 なお北川は現在、三菱重工グループの空調機のCMに出演している。これぞ究極の「親孝行」であろう。父親は防衛産業のエリート街道を歩み、娘も公私ともに順調。再びDAI語を借用すれば、北川家は今まさに「JS」、すなわち……。

 人生って素晴らしい? 

「週刊新潮」2018年8月30日号 掲載

新潮社

最終更新:10/17(水) 16:32
デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売

「デイリー新潮」は総合週刊誌「週刊新潮」が発信する最新の話題に加え、専任取材班よる綿密な取材に裏打ちされた記事を配信するニュースサイトです。

あなたにおすすめの記事