ここから本文です

大島流『危険球に負けない方法』【大島康徳の負くっか魂!!第75回】

9/6(木) 10:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

あみだはナマイキ?
大島流『危険球に負けない方法』【大島康徳の負くっか魂!!第75回】

土橋正幸監督のコワモテの雰囲気が当時のおとなしい選手たちには合わなかったとも言える

 第100回の記念大会となった夏の甲子園は、大阪桐蔭高の史上初2度目の春夏連覇で幕を閉じました。敗れましたが、金足農高の吉田輝星投手も素晴らしかった! 決勝は、だいぶ疲れがたまっていたようですが、ベストな状態での大阪桐蔭打線との対決を見たかったですね。

 まだまだ暑い日が続きますが、甲子園が終わると、何となく、もうすぐ夏も終わりだなって寂しい気持ちになります。

 今回は前々回、1992年シーズンの最終盤、西武戦で燃える男・大島が本領発揮した話に戻ります。

 西武の石井丈裕から顔面近くに投げられ、乱闘寸前となった後、タイムリーを打ったという話でした。あの年の石井は15勝を挙げ、防御率1.94。MVPにも選ばれたキャリアハイとも言えるシーズンです。

 実は僕、その前から石井に少し・・・ 本文:2,642文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

週刊ベースボール