ここから本文です

小寺慶子のレストラン予報|代々木上原sio〈シオ〉

9/7(金) 12:00配信

Casa BRUTUS.com

"共創型"レストランの新たな価値観に共感が集まるでしょう。

レストランの主役は、料理でありシェフであり、ゲストである。それを大前提としたうえで、「誰もがリラックスして食事を楽しむことができる居心地のよさにレストランの本質がある」というのは〈sio〉の鳥羽周作シェフだ。

【写真をもっと見る】

サービスや空間のトータル面でゲストに最高の満足を届け、価値観を分かち合うことで、店を"共創"する。鳥羽シェフの思いに共感し、店がオープンする際には、日本のいまを代表するトップクリエイターが集結した。看板はアートディレクターの水野学、テーブルウェアは鈴木啓太、サウンドは沖野修也が担当。一流の仕事が一堂に会し、店の上質感や心地よさを作り上げている。

東京の現代フレンチで腕を磨いた鳥羽シェフの料理はビーツや馬肉、鯖にユーグレナなど軽妙な食材の組み合わせで魅せるものもあれば、回鍋肉やすき焼きの再構築といった、モダンで驚きに満ちたひと皿も。エゴイスティックになることなく、ゲストと一体になれる場所を創る。シェフの熱い思いを、ここで共有したい。

[予算]ディナーは12,000円~
ディナーコースは10,000円~。ランチコースは5,800円。アルコールペアリングは6,600円。

[予約] 余裕を持って電話を
開店直後から予約が殺到しているため、早めの連絡が安心。週末はとくに争奪戦の予感!?。

[ドレスコード] カジュアル
感度の高い上原エリアだが、気取りは無用。自分らしい装いでリラックスした時間を過ごそう。

photo_Kayoko Aoki

最終更新:9/7(金) 12:00
Casa BRUTUS.com

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Casa BRUTUS

マガジンハウス

12月号 Vol.225
11月9日

980円

今注目すべき建築家と
体験するべき美しい建築をご紹介!

あなたにおすすめの記事