ここから本文です

就業者増の割に成長率が高まっていない 「労働動員型」成長の限界

9/7(金) 18:00配信 有料

週刊東洋経済

就業者増の割に成長率が高まっていない 「労働動員型」成長の限界

【今週の眼】早川英男 富士通総研エグゼクティブ・フェロー

<2018年9月15日号> 現在の景気に関する最大のパズル(難問)が「人手不足なのに賃金が上がらない」点にあるのは衆目の一致するところだろう。この点、従来筆者は長期雇用の正社員に注目し、足元の収益は好調でも、将来展望に自信のない企業(日本企業の大部分)は簡単に賃金を上げられないことを強調してきた。 本文:1,233文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込54
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

早川 英男 :富士通総研エグゼクティブ・フェロー

最終更新:9/7(金) 18:00
週刊東洋経済