ここから本文です

ようやく進む基盤整備 仮想通貨の新規制が判明 マネロン対策に課題残る

9/7(金) 18:01配信 有料

週刊東洋経済

ようやく進む基盤整備 仮想通貨の新規制が判明 マネロン対策に課題残る

昨年末に1ビットコイン=200万円を突破したが、足元は80万円程度(撮影:今井康一)

<2018年9月15日号> 「仮想通貨は、10年後には20兆ドル(約2200兆円)くらいの市場になる」(北尾吉孝SBIホールディングス社長)

ビットコインの過熱相場は一巡したものの、仮想通貨の将来性に対する期待は依然強い。仮想通貨交換業を金融庁に登録申請する企業は100社を超える。

今春、旗揚げされた日本仮想通貨交換業協会は、自主規制団体として今秋中に金融庁から認可される見通し。その後、仮想通貨交換業について、同協会が定めた自主規制がスタートする。本誌の取材で、その仮想通貨に導入される自主規制の概要が明らかになった。 本文:2,295文字 写真:3枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

野村 明弘 :東洋経済 記者

最終更新:9/7(金) 18:01
週刊東洋経済

Yahoo!ニュースからのお知らせ