ここから本文です

木星は他の惑星とまったく異なる磁場を持つ:探査機ジュノーの観測データから判明

9/10(月) 18:56配信

ニューズウィーク日本版

木星探査機「ジュノー」から得た観測データをもとに、木星の磁場のマップが作成された。木星の磁場は、地球を含む他の惑星とまったく異なる複雑なものであることがわかったという。

動画の説明はこちら

■ 非双極子と双極子の磁場

ハーバード大学の大学院生キンバリー・ムーア氏らによる研究論文が英学術誌「ネイチャー」に掲載され、本誌米国版などが報じた。

米航空宇宙局(NASA)が2011年に打ち上げたジュノーは、2016年から木星の軌道を周回。木星の表面近くの磁場の直接測定に初めて成功し、このデータを分析することで、木星内部の磁場のマップが得られた。

木星では、「ダイナモ領域」(磁場を生成する部分)をから外部に出た磁束(空間内を通り抜ける磁場の流束)の大部分が、北半球の帯域を通り、赤道近くの大青班で木星の内部に戻っていることが明らかになった。また、こうした木星の北半球の地場は、地球のようにS極とN極が両端にある「双極子磁場」とは異なる「非双極子磁場」だが、南半球はほぼ双極子磁場になっていることもわかった。

■ 木星内部の推測

ムーア氏はニューズウィークに対し、磁場から推測される木星内部の状態について、「北半球と南半球で独立した2つの層がそれぞれ対流しているか、南半球のみ対流しない安定した層になっている可能性がある」と語った。

共同執筆者の1人であるNASAのジョン・コナーニー氏は、今回の磁場のモデルは、全体で34周回のうち初期の8周回分の観測データに基づいて作成されたと指摘。「今後さらに詳しい磁場のデータが得られることで、内部の対流についても明らかにできるのでは」と期待を語った。

ジュノーの木星探査は、2021年7月まで継続される予定だ。

高森郁哉

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

CCCメディアハウス

2018-12・18号
12/11発売

460円(税込)

【特集】間違いだらけのAI論
AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

あなたにおすすめの記事