ここから本文です

ソフトバンクの追い上げを見て2008年のあの試合を思い出す【岡田彰布のそらそうよ】

9/11(火) 10:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

あのとき、普通の判断ができていれば優勝やった
ソフトバンクの追い上げを見て2008年のあの試合を思い出す【岡田彰布のそらそうよ】

四番・山川穂高を中心とした西武打線は破壊力十分やし、足も使えるから普通どおりの戦いをすればソフトバンクの猛追を逃げ切り優勝できると思うよ/写真=BBM

 物心ついたころから、グラブをはめ、ボールを握り、バットを振っていた。野球というものに触れて、50数年が経つ。いろんなことを経験してきた。泣いて笑って過ごしてきた野球人生……。でも、一度も野球をやめたい、と思ったことはない。野球少年が、そのまま大人になった。オレ自身、そう思う。

 そんな人生で、最も悔いるゲームは? と問われると、実は意外な試合がよみがえってくる。こんなことを明かすのは初めてかもしれない。その試合とは、監督として戦った2008年のある1日……のことやった。

 シーズンの終盤やった。巨人の猛追にあいながら、阪神はなんとか逃げ切りVに向かっていた。そんな中の10月初旬(10月3日)。神宮でのヤクルト戦やった。先発した安藤(安藤優也=現阪神育成コーチ)が抜群のピッチングでヤクルト打線を抑え、7回表を終わった時点で、阪神が5点リードしていた。

 球数は80球ほど。余裕十分やった。もちろんリリーフ陣は疲れがたまっている状況よ。ひとりで投げ切ってくれれば、こんなありがたいことはない。でもそこでオレの頭の中である計算が・・・ 本文:2,320文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

週刊ベースボール