ここから本文です

バルサ&マンCもPSGの仏代表MF争奪戦に参戦か。選手の代理人に接触

9/11(火) 13:00配信

フットボールチャンネル

 バルセロナやマンチェスター・シティも、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属する23歳のフランス代表MFアドリアン・ラビオを狙っているようだ。10日にスペインメディア『フットボール・エスパーニャ』が報じている。

【写真特集】世界最高の選手は誰だ! プレイヤー能力値ランキング(10位~1位)

 2019年6月にPSGとの契約が切れるラビオだが、クラブから提示された契約延長オファーを拒否していた。そのため、来年夏にはフリーで移籍する可能性がある。このタイミングを見計らい、早くもリバプールやミランが同選手の代理人に接触していた。

 同メディアによると、バルセロナやマンチェスター・シティも代理人と連絡を取り合っているようだ。仮にPSGがラビオの引き留めを諦めた場合、移籍金を獲得するために来年1月の移籍市場で放出する可能性はありそうだ。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)