ここから本文です

パーフェクト主義をやめてラクに!掃除や朝食準備を効率化するワザ

9/12(水) 20:50配信

ESSE-online

忙しい朝には一分一秒も惜しいもの。無理して丁寧に家事をすると、朝から疲れてしまいますよね。
「負担になっていた丁寧な家事をやめるとラクになりました」と話すのは、家事や育児をしながら整理収納アドバイザーとして働く、はらむらようこさんです。

無駄な動きがないって快適!「100円マグネット」でかなえるラク家事はこちら

「丁寧な家事」をやめたら、朝の支度がラクになった

はらむらさんに、軽やかな一日を始めるための朝の過ごし方を教えてもらいました。

●<掃除>動かせないインテリアはもたない

リビングにはソファの代わりに、片手で動かせるビーズクッションを導入。掃除するのに重いソファを動かす必要がなくなりました。以前、掃除のたびにめくるのが面倒だったラグも、思いきって手放すことに。
「おかげで、掃除が中断せずにサクサク進み、ラクにきれいが続くようになりました」

●<掃除>雑貨を置くのをやめる

以前は、棚に雑貨をたくさん並べて楽しんでいたというはらむらさん。
「雑貨にたまったホコリを取るのが面倒で放置し、ますます掃除がおっくうでした。今は絵ハガキなどを壁に飾って、ホコリがつくものは置きません」

掃除は羽ばたきでスーッとひとなでするだけでOKになりました。

●<掃除>掃除道具はむき出しにする

「掃除道具を棚の中にしまっていたときは、出すのが面倒で汚れを見過ごすことも。使う場所ごとに出しっ放しにしたら、こまめに掃除をする習慣ができました」

粘着クリーナーはカバーも外して、すぐ使えるようになっています。

●<朝食準備>スープは3日分まとめてつくる

毎朝つくっていたスープも、3日分まとめてつくって鍋ごと冷蔵。朝は温めるだけに。

「量は増えますが、工程は変わらないので、その都度つくるより効率的。洗い物も減らせます」

そのほか、みそ汁は2日分つくり、ご飯は5日分炊いて冷凍します。

●<朝食準備>フライパンは使わない

「大きくてシンクを占領するフライパンは、洗うのが大変」
そこで、ウインナソーセージなど、朝食の調理をフライパンからトースターに変更。洗い物がカットでき、大助かり!

1/2ページ

最終更新:9/12(水) 20:50
ESSE-online

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ESSE

扶桑社

2018年11月7日発売号

¥580

『ESSE』は暮らしに役立つ生活情報誌。家事コツ、節約、収納、レシピなど毎日が楽しくなるニュースを配信中!

あなたにおすすめの記事