ここから本文です

「まさに悪夢だ」「ベルギー戦の迫力がそこに」コスタリカ全国紙が森保ジャパンの出来に脱帽!

9/12(水) 5:19配信

SOCCER DIGEST Web

「ワールドカップとはまるで違うチームのはずなのに…」

森保ジャパンと同様に、ロシア・ワールドカップを戦った主軸がほぼ不在だったコスタリカ代表。次期監督が未確定のまま、新たな若き戦力を携えて韓国、日本と周るアジアツアーを敢行したが、結果は2連敗に終わった。
 
 しかも0-2、0-3と1点も奪えない不甲斐なさで、国内の大手新聞『La Nacion』は「日本に叩きのめされてアジアツアーを終える」との見出しを打って、母国代表チームの戦いぶりを詳報した。
 
 金曜日の韓国戦からチームはメンバーを入れ替え、日本戦に明るい展望を描いていた。だがそれはまったくの見当違いだったと、まず論じている。
 
「(暫定監督の)ロナルド・ゴンサレスは理に適った人選でスタメンを構成した。0-2の完敗に終わった金曜日の韓国戦よりはマシなパフォーマンスを見せてくれるだろうと、そう期待したのは、日本もまた若手中心のチームだったからだ。ところがどうだ。結果は0-3の惨敗。日本にとって我々はイージーな対戦相手で、まるで脅威となり得なかったのである」

【PHOTO】日本vsコスタリカ戦を彩った美女サポーターたち

 
 同紙が嘆くのは、コスタリカ代表の拙攻である。2018年はここまでワールドカップの3試合を含めて10試合を戦ったが、わずか7得点しか挙げていないという。1.5軍のメンバー構成だったとはいえ、今回のアジアツアーでは攻撃のバージョンアップがひとつの課題だった。だが日韓両国との対戦ではチャンスさえなかなか掴めず、ともに完封負けを喫したのである。
 
 一方で、森保ジャパンの出来そのものが素晴らしかったと、同紙は評している。
 
「日本の選手たちはホームサポーターに勝利を届けようと必死だったし、ハードワークでコスタリカを凌駕した。序盤からハイシンテンシティーで襲い掛かってきたのだ。それはまるでロシア・ワールドカップのラウンド・オブ16、ベルギー戦の再現を見ているかのような迫力だった。まったく違うチームで、彼らのうちだれひとりとしてベルギー戦のピッチに立ってはいなかったのに……驚くほどの連動性を見せたのである」
 
 日本が奪った3ゴールについては、「1点目(オウンゴール)はコスタリカのビッグミステイクによるもので、日本にとっては幸運だったが、後半の2得点は違う。どちらも阻止が困難な完成度があった」と称賛。そして最後に「今回の2連戦はまさに悪夢だった」と記し、「新監督の下で我々は強いメンタルを持って、山積みの課題に取り組まなければならない」と、母国代表チームに発破をかけていた。

最終更新:9/12(水) 8:13
SOCCER DIGEST Web

あなたにおすすめの記事