ここから本文です

「とんかつ定食お米抜き」でやせない理由

9/13(木) 9:15配信

プレジデントオンライン

ダイエットの新しい常識として知られるようになった「糖質制限」。だが、間違った情報をもとに実践し、失敗しているケースも多い。糖質制限により3カ月で17キロの減量に成功したハタイクリニックの西脇俊二院長は「甘いものをやめたり、米を抜いているのは気休めにすぎない」と説明する。西脇氏が提唱する「糖質制限2.0」の方法とは――。

【図表】基礎代謝量の年齢別変化。男女とも18~29歳で代謝が落ちる

 ※本稿は、西脇俊二『ハードワークでも疲れないカラダを作る!  糖質制限2.0』(KADOKAWA)を再編集したものです。

■40代は努力なしで体型や体力を維持できない

 私はこれまで数々のダイエット法を試してきました。糖質制限では17キロも体重を落とすことができました。しかし、糖質制限2.0の目的は、単に「痩せる」だけではありません。

 身体を絞りつつ、ハードワークでも疲れない身体を作ること─―働き盛りのビジネスパーソンがますます意欲的に働いて、人生を謳歌できるような心身の状態を整えるのが目的です。

 40代は、身体の変化を感じやすい時期でもあります。一番の変化は、やはり体重でしょう。運動不足に加え連日の飲み会や接待で、20代のころより10kg、20kg体重が増えた、という声もよく聞かれます。

 体重が増えるだけではなく、徹夜などハードな仕事に耐えうるスタミナが落ちてきた、とヒシヒシと実感するのも40代です。それらはある意味、自然なことです。

 40代で努力せずに引き締まった身体やハードワークを楽々こなす体力を維持している人は、いないと考えてください。大きな原因は、基礎代謝の低下です。

■本当の糖質制限は肥満も疲労も取り除く

 ハードワーカーは危機管理意識が高いので、変化を感じればダイエットにも挑戦します。持ち前の集中力で、いったんは成功する人も多くいます。しかし、ここで怖いのがリバウンドです。

 目標体重に達したとたん、気が緩んで元の食生活に戻り、たちまち体重も元通り、という経験をした方もいるのではないでしょうか。ダイエットで体重は落ちたけれど、パワーが減退してますます疲れやすくなった、というのもたくさんの人が感じてきたことだと思います。贅肉を解決しようとしたらスタミナも落ちた、というジレンマは頭痛の種です。

 「糖質制限2.0」は、それらを解決するノウハウです。身体の変化の原因にアプローチして肥満も疲労も取り除く、若返りの方法論です。この方法ならば、リバウンドの心配もありません。

1/4ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

プレジデントオンラインの前後の記事