ここから本文です

「ワンオペ家事」は4割弱、でも家事外注はまだ少数派

9/14(金) 5:00配信

日経ウーマンオンライン(日経ウーマン)

 働く女性の4人のうち3人が負担を感じている家事。これから結婚や出産を視野に入れている人にとって、家事負担を減らすための方策は気になるところでしょう。今回は家庭内での家事シェアの実態と、外部の家事支援・家事代行サービスの利用について聞きました。
【日経ウーマンオンライン×日経DUAL 共同企画】

【関連画像】家事支援・家事代行サービスを利用したことがあるか

 働く女性の9割以上が家事を手掛け、4人に3人が家事に負担を感じています。
 では、家族などと同居している女性は、世帯内でどのように家事をシェアしているのでしょうか。

 世帯内で家事を担っている人を聞いたところ、自分以外では「配偶者/パートナー」が34.5%、「子ども」が5.4%、「それ以外の親族」は14.8%という割合でした(複数回答)。さらに、「既婚または独身・子どもあり」で“ワンオペ家事”(自分で家事をしており、家事を担う人が他にいない)に該当する人は37%でした。ワンオペの背景・事情は人それぞれでしょうが、負担感が大きいのも当然といえるでしょう。

●夫の長時間労働が家事シェアの大きなハードル

 家事のシェアについて、悩みや課題だと思うことを挙げてもらいました。特に、夫やパートナーとの家事シェアについては、相手の仕事の忙しさや、相手との関係性を挙げたものが目立ちました。

◆ 夫が長時間労働の職場にいるので、平日帰ってくるのは夜中。文句を言わない点はありがたいが、結局私が一人で負担せざるを得ず、とても不平等だと感じる。(34歳、既婚子どもあり)

◆ 仕事が忙しく、稼ぎも自分より多い夫に、洗濯と掃除をすべて任せていいのかと、いまだに罪悪感を持つときがある。家事はすべての人がやらなければならないことなのに、この気持ちはどうしてなくならないのだろう。(43歳、既婚子どもあり)

◆ 夫は正規雇用でテレワークも利用できるが「テレワークは家で仕事をする制度であり、家事をする暇はない」と家事をしない。収入差にかかわらず、もう少し家事を分担してほしい。(39歳、既婚子どもなし)

 夫の忙しさに一定の理解は示すものの、自分だって残業をしないために全力で仕事をして、急いで帰宅して家事をこなすことには理不尽感と不公平感がある、と訴える人も。

 ある程度、家事をシェアしているという人も課題を挙げてくれました。

◆ 自分と相手の家事に求めるクオリティーが違うので、どこまで、どんな頻度で相手に望むことを伝えるかが難しい。例えば、スポンジは食器洗い用とシンク洗い用に分けていること、木製の皿は使ったらすぐ洗いたいこと、入浴後は換気のためにドアを開けておいてほしいなど。(31歳、既婚子どもなし)

◆ 夫が週末に食事の準備をしてくれるのは助かるが、床やコンロに野菜のかすや汁をこぼしたり、料理中の汚れた手で食器棚や冷蔵庫を触ったりするため、かえって食事の後片付けに時間がかかる。(39歳、既婚子どもあり)

 やる気をそがないようにどう伝えるか、気を使っている様子がうかがえます。

<次のページからの内容>
● 家事シェア成功の秘訣 読者の工夫を一挙公開
● 読者が実践「感謝をきちんと伝える、文句を言わない」
● 家事の外注、利用派は少数だが関心は高い
● 利用派が頼んでいる家事で一番多いのは…
● 「利用したくない」理由トップは「他人が自宅に入るのに抵抗ある」

1/3ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

日経ウーマン

日経BP社

2018年10月号

価格:600円(税込)

人生を変える「勉強」大作戦!
お金のプロがやっているお得ワザ48
ユニクロ GUで「おしゃれ迷子」脱出テク
MY お金計画ノート

日経ウーマンオンライン(日経ウーマン)の前後の記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ(9月19日)