ここから本文です

(でも食べたい…)登録栄養士が「食べないでくれ!」と願う食材9選。特に8番目がショックです

9/15(土) 6:10配信

エスクァイア

「え?これってダメなの?」、と思われる食品をここに集めてみました。今回は、好評いただいた『栄養士たちが意外にも、「不健康」と主張する9つの食品』Part 1に続く第2弾となります。

【 写真 】栄養士たちが意外にも、「不健康」と主張する9つの食品

  
※本記事は、食品に関する造詣の深いジャーナリスト、コリーン・デ・ベルフォン氏と、クリスシー・ブランディ氏による取材をもとに構成された記事です。

 この第2弾も前回と同様、登録栄養士や有識者6名に取材し、不健康な食品を紹介していただきました。
 
  スーパーマーケットの「健康食品」の棚を埋める商品の中には、実はジャンクフードを偽装したものも少なくありません。このことは、食にうるさい人にとっては周知の事実となっているでしょう。まるで健康食品であるかのような顔をしながら、実はどちらかと言えば…懸念点ばかりが浮かぶ食品も数多く存在しているのです。
 
 そこには砂糖や添加物がたっぷりだったり…と。これらは、旨み成分を人の手によって加えた商品も多いので、ついつい手を出してしまいがちになるのです。そこが難しいところ…。ですが、「どの程度悪いのか?」を認識したうえで食べているのと認識しないまま食べるているのでは、実際の健康の状態には雲泥の差がそのうち生じることでしょう。
  
 ちなみにここで取材している「登録栄養士」という名称は、日本ではあまり聞かない資格かと思います。これはアメリカ・カナダにある専門資格で、体を健康に保つための食事と栄養の活用法を専門的に学んだ医療専門家であり、登録栄養士としての仕事は主に、医療チームとして患者さんの栄養状態を改善する手助けをすることになるわけです。
 
 そんな賢者たちが述べている、食品に関しての事柄です。ぜひ今後の食生活への改善のためにも、こちらを役立てください。
  
 今回、栄養士たちへの取材によってリスト化した、9種類の「不健康な食品」をご覧ください。ただし、アメリカのスーパーマーケットに並ぶ食品からの指摘になります。

1/4ページ

最終更新:9/15(土) 6:10
エスクァイア

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エスクァイア

ハースト婦人画報社

1933年にアメリカで誕生した
ハイエンド・ファッション雑誌です
ファッションやライフスタイルにとどまらず
アート、カルチャー情報などを届けます

あなたにおすすめの記事