ここから本文です

暴言騒動のセリーナ、米女子サッカー英雄が全面擁護を展開「彼女は世界最高の存在」

9/15(土) 19:09配信

THE ANSWER

ワンバックが米誌インタでセリーナ擁護を展開

 テニスの4大大会、全米オープン女子シングルス決勝で世界ランク7位の大坂なおみ(日清食品)に敗れたセリーナ・ウィリアムズ(米国)は審判への暴言など、試合中の言動が批判の対象となっていたが、米メディアでは依然、注目の的に。今度は女子サッカーの元米国代表英雄が登場し、全面的に擁護する発言をしている。

【画像】この1枚にコメント3万超殺到! 「お願い、あなたは謝る必要がある」と辛辣な声も…セリーナが公開した“母子2ショット”の実際の投稿

 セリーナを擁護しているのは、元サッカー選手のアビー・ワンバックだった。米大手誌「ピープル」の独占インタビューに登場。「アビー・ワンバックはセリーナ・ウィリアムズを終始擁護している」と紹介された特集では、米国代表通算255試合184得点でFIFA年間最優秀選手、W杯優勝を知る歴史的女王が今回の件に対して思いを明かしている。

「世の中にははっきりとした区別がつけにくいものがたくさんあります。セリーナはそういったことと折り合いをつけようとしているのです」

 こう語ったというワンバック。試合ではセリーナは客席からコーチングを受けたと指摘され、逆上。ラケット破壊や審判への暴言で3度の警告を受け、主審に対してブーイングが吹き荒れる異様な展開に。元女王がグランドスラムの大舞台で行った振る舞いは賛否両論を巻き起こしていた。

「彼女の知人であることを誇りに思う」

 しかし、ワンバックは「彼女は世界最高であり、有色人種であり、女性であり、出産から復帰した存在でもある」と話し、「世界が目撃したセリーナとあの審判による光景は、まさに私たちの文化で何が起こっているかを表す小世界であったの」とも発言したという。

 さらに、セリーナが「一歩も引かないだろう」とし、「彼女の知人であることを誇りに思う」と語り、全面的にセリーナを擁護している。また、ワンバックはスポーツ界で男女間での扱われ方に格差があることについても言及し、セリーナのような強い女性が必要であるとも訴えていた。

THE ANSWER編集部

最終更新:9/15(土) 21:49
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

Yahoo!ニュースからのお知らせ

Yahoo!ニュースからのお知らせ(10月17日)