ここから本文です

安室奈美恵「沖縄ラストライブ」 サプライズゲストは不仲説の「山下智久」

9/15(土) 22:55配信

デイリー新潮

山下智久だけでなくDOUBLEも“サプライズ出演”

 そして本番のライブでは、“隠し玉”として山下智久(33)が登場し、観衆の度肝を抜いたわけだ。その盛りあがりは、想像に難くない。

 安室と山下の関係は、安室が11年4月に“ベストコラボレーションアルバム”として「Checkmate!」を発表したことに遡る。コラボレーションは昔風に言えばデュエット。03年から11年まで安室がゲスト参加した楽曲を集めてベスト盤を作ったのだが、その際に、AI(36)、土屋アンナ(34)、川畑要(39)、韓国の女性歌手グループ、AFTERSCHOOLらと共演した新作が追加された。

 その新作に山下との作品「UNUSUAL」が含まれていたわけだ。話題にはなったが、東日本大震災後の4月に発売されたという不運もあった。この作品を今まで知らなかったという人がいても不思議はない。

 しかも、この「UNUSUAL」は、悪い意味で注目を浴びたことがある。安室と山下の不仲説が報じられたのだ。「『オレ、安室さんに合わせますよ』と言い放った山Pに安室奈美恵ブチ切れ」(cyzo woman:11年6月15日)には以下のような記述がある。

《「安室のダンスのテンポに山下が付いていけず、NGを連発してしまった。最初は安室も苦笑するにとどまっていたが、何度やっても合わず。そのうち、山下は何を勘違いしたのか、『じゃあ、オレ、安室さんに合わせますよ』と半笑いで言い放った。安室はついに堪忍袋の緒が切れたのか、それ以降、一切言葉を発さず、淡々とダンスをこなし、まったく会話のない現場には不穏な空気が漂っていた」(同関係者)

 当初、アルバムは3月23日発売の予定だった。しかし、震災の影響で軒並みCDの発売が延期されたのを受け、4月27日に発売となってしまったが、PV撮影時の件が尾を引き、今後二度と安室と山下が共演することはなさそうだという。

「アルバムのPRを兼ねて、何本か歌番組への出演が決まっていたが、表向きは震災を理由にしてすべてキャンセルした。しかし、真相はPV撮影時の件で、安室が周囲に『ああいうタイプは苦手』と話し山下を毛嫌いしている」(芸能プロ関係者)》

 この報道の後、関係を修復したのか。現在、安室は山下を「毛嫌い」しているわけではないだろう。とにもかくにも、芸能マスコミにとっては二重にも三重にも驚くべき“サプライズ出演”だったことは間違いない。現地に駆け付けたマスコミ関係者が言う。

「沖縄では『関係者席が相当に用意されている』との噂も飛び交っており、『ラストライブを鑑賞できたファンは2000人程度ではないか』との声も出ていました。プラチナチケットを入手できた人々に対する、一種の怨嗟だったのかもしれません。コンベンションセンター周辺は、夕方にもなると数千人単位のファンが『少しでも音が漏れないか』と大挙して集結。日本人だけでなく、わざわざ駆けつけた台湾の人も目立っていましたね。彼女がどれだけアジア圏で人気なのか、改めて思い知らされました」

 この関係者はライブが終わり、会場を後にしたファンから話を訊くことができたという。

「安室さんのライブはMC、つまりトークが極めて少ないことは有名ですが、このラストライブでも『本当に歌いっぱなしだった』とライブを見たファンは感心して、私に話してくれました。最後の曲は、小室哲哉さん(59)と16年ぶりの新曲として話題になった『How Do You Feel Now?』で、歌い終えると共演者と観客に『今日はありがとうございました』と礼を言い、退出したとのことでした。ずっと笑顔で、全く涙は流さず、引退にあたって特別なメッセージを伝えることもなかった。マイクを置くといった特別なパフォーマンスもなかった。非常に潔いラストライブだったことになります」(同・マスコミ関係者)

 取材に協力してくれたファンの記憶によると、山下智久が登場したのは、この「How Do You Feel Now?」の1曲か2曲前で、やはり満を持しての登場だったようだ。

「『会場の盛りあがりは凄かった』とファンは口を揃えていましたね。あともう1人、サプライズゲストとして、DOUBLE(43)も登場したそうです。08年に安室とコラボした『BLACK DIAMOND』を歌って拍手喝采を浴びたと言っていました。会場は女性が8割、男性が2割。取材をした私にとっては、会場を出た観客が非常に落ち着いているのが印象に残りました。泣いているわけでもなく、極度の興奮が持続しているわけでもない。しみじみと余韻に浸っているという感じでした」(同・マスコミ関係者)

 もう既にTwitterでも話題になっている。「特に山P登場はヤバかった」、「安室ちゃん、山P出してくれて本当にありがとうございました」、「沖縄ライブ最後の最後に最強コラボ!!」、「安室ちゃんが最後の紹介の時、ヤマピ~! って言ってたのが印象的だった」……という具合だ。これからも増え続けるだろう。

 これほど観客が喜んだのだ。明日16日の朝刊、特にスポーツ紙の1面が楽しみだが、なんとこのライブの詳細についての報道には“制限”がかけられているという。芸能担当の記者が明かす。

「安室側が芸能マスコミに対して通知した報道解禁日は、ライブ翌日の16日朝からではなく、2日後の17日朝です。それを守ると、ライブの動画や写真などの素材、会場の様子を伝える文章などが安室側から提供されます。それを破って17日より前に報じると、ペナルティとして素材の提供は行われません。当然ながら逆らえるはずもなく、マスコミの間では『16日は、これまでのライブ画像や動画でお茶を濁さなければならない』と悲鳴が飛び交っています。安室側は16日にもイベントがあるので配慮したのかもしれませんが、この厳しい条件をマスコミに呑ませるのは、さすがとしか言いようがありません」

 前夜祭でも、これだけの大騒ぎなのだ。16日の当日は、どういう一日になるのか、想像もつかない人が大半だろう。ちなみに一部のマスコミは、安室ファンが引退を惜しみながらも新たな門出を応援するための “聖地巡礼”などを「アム活」という新語で表現し始めている。

週刊新潮WEB取材班

2018年9月15日 掲載

新潮社

2/2ページ

最終更新:10/18(木) 17:26
デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売

「デイリー新潮」は総合週刊誌「週刊新潮」が発信する最新の話題に加え、専任取材班よる綿密な取材に裏打ちされた記事を配信するニュースサイトです。